高校生でもプログラミングを勉強してアプリを作成できるようになるのか

高校生でもプログラミングを勉強してアプリを作成できるようになるのか

高校生でもプログラミングを勉強してアプリを作成できるようになるのか

高校生の義務教育にプログラミングが組み込まれました。

高校生の中には、プログラミングを習得して自分のアプリを作成したいと考える方もいるかと思います。

今回は、高校生でもプログラミングを習得してアプリを作成することが出来るのか背景も踏まえて紹介していきます。

高校生でプログラミングを習得してアプリ作成したいと考える人は増えている

最近は、小学生くらいから授業の中でパソコンを使ったカリキュラムが行われている学校も多くなっていますし、中学生になるとプログラミングが必須化されているなどパソコンを使う機会は昔と比べると低年齢化しているといっても過言ではありません。

若いころからプログラムのことを理解して自分でプログラムを書く、このようなことに注目が集まっているのですが高校生などになったときプログラムの勉強を行ってアプリの開発はできるのだろうか、このような疑問を持つ人は多いようです。

その背景の中には大学への進学や就職などを考えたとき、将来を見据えた形でプログラムのスキルを身につけたい高校生が多くなっているなどがあります。

国立大受験、共通テストにプログラミング…25年から「情報」追加で6教科8科目に。
新高校1年生の皆さん、高校生になってからの情報の授業にも真剣に取り組んでいきましょう。#明光義塾#高校生#大学入試#情報#プログラミング#Yahooニュースhttps://t.co/eBVPioPpiM

— 明光義塾健軍教室 (@meikokengun) January 29, 2022

高校生でプログラミングを習得すると将来必ず役に立つ

学校教育にプログラミングの授業が導入された背景の中には、社会に必要とされる情報サービス産業の分野において深刻な人手不足が挙げられます。

プログラマーやシステムエンジニアなどのような情報サービスの分野では、業界は成長し続けているけれども人手が足りていないのが現状です。

そのため、プログラムを組むことが必要な仕事への将来性を期待することができますし、需要そのものは継続的に伸びると考えられているなどからも高校生のときから身につけておくことは損にはなりません。

高校生にプログラミングが必要な切迫度は高まっている

小中学校では授業の中でプログラムの勉強を行うチャンスがあるのですが、高校生は2022年度から必須科目になるとされていて今後授業の変更が行われることもあるでしょうし、大学への入学にも影響を与えるのではないかと考えられています。

ちなみに、高校は2003年度から情報と呼ぶ科目が追加されたのですが、2022年度からは情報は1と2の2つに分かれるようです。

情報1は必須科目的情報社会の問題解決やコミュニケーションおよび情報デザイン、コンピュータとプログラミング、情報通信ネットワークとデータ活用などプログラム以外にも情報のセキュリティなどを含めたネットワークやデータベースの基礎などを学ぶようなスタイルになります。

他にも、検索エンジンのアルゴリズムやホームページの記述言語でもあるHTMLなどのようなコーディングを行う授業や基礎知識および技能を身につけることができるようになるわけです。

高校生がプログラミングを学習するのが普通となる時代が来た

高卒以上の人などは、このような授業が2022年度から開始されることを知ると羨ましく感じる人も多いのではないでしょうか。

情報Ⅱは情報1で学んだ内容を基礎にして、問題の解決や発見など情報システムやデータなどの取り扱い方を適切に行えるような能力づくり、コンテンツの創造などの力を育む教育が行われます。

さらに、決定事項ではないけれども将来的にセンター試験などにこれらの科目が追加されるのではないか、このような予測もあるので小中学校の時代からプログラムの基礎知識をしっかり身につけておくことは大学受験にも欠かせない存在になるといっても過言ではありません。

 

中3の今から夢に向かっているのは、
劣等感がはじまり..
周りはみんな社長息子ってゆー将来ほぼ安泰みたいな人達だった。
そんな周りに負けたくないからプログラミングを始めた。
高校生とかでいきなりその人達に追いつけたら、
めっちゃかっこよくない?#プログラマー #webデザイン勉強中

— まっちゃ@Webデザイナーになってブログを始めたい中3 (@cav_zero) February 1, 2022

高校生がプログラミングを習得するにはプログラミングスクールがおすすめ

地元などでプログラムを学ぶことができる教室があるとき、このような教育機関を使うのがおすすめですし、学校を卒業した後などはプログラムを専門にしている専門学校に通う方法もあります。

独学で学ぶ方法もあるのですが、基本的な知識を得ることができても自力で応用力を身につける事はハードルが高め、実践が多い授業を行うようなスクールに通えばアプリの開発など一人で行うことができるようになります。

プログラミングスクールではゲームやロボットなどで楽しく学習可能

学校の授業の中では、ゲームを作ったりロボットを動作させるなどの目標達成は難しいものですが、教室やスクールなどの場合は目的別にコースが用意してあるので、自分がやりたいことがゲームを作ることやアプリを開発することなど目標を立てた上でそれを可能にする教室やスクールを選ぶと良いのではないでしょうか。

スクールや教室は一人では解決できないときなど、質問することができる環境がありますし一緒に勉強する仲間もいるなど独学では難しいことへのチャレンジもしやすいわけです。

高校生でもプログラミングを習得しアプリ開発も可能

高校生がプログラミングの勉強を行ってアプリを開発する、これは勉強の仕方次第で可能になります。

学校の中での勉強の場合、定期的に行われるテストで学力がどのくらい身に付いたのか指標にすることができるのですが、授業以外でプログラムの勉強をするときなどはどのくらい知識や能力が身に付いたのか分かりにくくモチベーションを維持させることが困難になることも少なくありません。

モチベーションを維持させるためには、ゴールを決めることや目標設定を行うこと、そしてネット検索をして表示された完成コードを見て真似てみる、この3つのポイントを実践することが大切です。

高校生におすすめのプログラミング言語

ところで、プログラミング言語と一口にいってもその種類は200以上あるといわれているのですが、その中で利用頻度が高いものは10~20種類程度です。

高校生から学ぶののおすすめなプログラム限度はJavaやPython、JavaScriptやRubyの4つです。

これらの違いを把握して、自分がやりたいことを実現できる言語を選択しましょう。

高校生でもプログラミングを勉強してアプリを作成できるようになるのか
最新情報をチェックしよう!