プログラミングで稼いでいる様子

高校生でもプログラミングで稼ぐことは可能?注意点はある?

プログラミングで稼いでいる様子

プログラミングの注目度と需要が高まってきた現代において、
「自分もプログラミングで稼いでみたい」
と思っている高校生は非常に多いです。

高校生がプログラミングで稼ぐことができれば、バイトをせずに収入を得ることができますし、将来の役にも立ちます。

ただ問題は、
「本当に高校生でもプログラミング案件を受注できるのか」
という事ですよね。

そこでこの記事では、高校生でもプログラミングで稼ぐことはできるのか、注意点はあるのかということについて、詳しく解説していきます。

高校生でもプログラミングで稼ぐことは可能?

プログラミングで稼ごうと考えている高校生

結論から言ってしまうと、高校生でもプログラミングで稼ぐことは可能です。
なぜなら、プログラミングには年齢制限もありませんし、必須となる資格なども特にないからです。

要するに、スキルがあれば誰でも仕事を獲得できるという事なのです。

高校生がプログラミングで稼ぐ時の注意点

ただし、高校生がプログラミングで稼ぐ場合には、いくつかの注意点について理解を深める必要があります。
では、それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

時間管理が難しくなる

時計

まずは、時間の管理が難しくなるという事です。
高校生というのは、学業が本業です。
しかし、プログラミングの案件を個人で受けてしまうと、場合によっては学業がおろそかになってしまう可能性もあるのです。

そうなってしまうと、お金は稼げても成績が伸びないという問題が発生してしまう事になり、希望する進路に進めないケースも出てきてしまいます。

クラウドワークス、ランサーズに利用年齢制限がある

クラウドワークス

プログラミング案件を探す方法として、
・ランサーズ
・クラウドワークス
などがあります。

このようなクラウドソーシングサービスを使うことで、インターネット上で取引を完結させることができるのです。
ただ、残念ながらクラウドワークスもランサーズも、年齢制限があります。

具体的には、18歳以上でないと利用ができない仕組みになっているのです。
このようなことから、高校生がクラウドソーシングで仕事を獲得する場合は、親にアカウントを作ってもらって、作業やクライアントとのやり取りは自分で行うという形を取る必要があります。

信頼の獲得が難しい

信頼関係の構築

高校生という肩書を背負っている以上、どうしても世間からは「子ども」という認識を持たれます。
そのため、信頼の獲得が非常に難しいです。

特にプログラミング案件というのは、比較的大きなお金が動きますから、高校生よりも社会人経験のある大人に依頼をしたいと考える人もたくさんいるのです。

高校生がプログラミングで稼ぐためにはどうすればいい?

では、高校生がプログラミングで稼ぐためには一体どうすればいいのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

とにかくスキルと知識レベルを上げる

プログラミングスキルを習得するために勉強している様子

最初は、とにかくスキルと知識レベルを上げることから始めましょう。
プログラミング案件を獲得するためには、ちょっと勉強すればわかるような基礎知識だけではダメです。

できるだけ高度なスキルと知識を持っていれば、クライアントからも信頼してもらえる可能性が高くなるため、高額案件を受注しやすくなるのです。

そのために、学校の授業だけではなく、プログラミングスクールなどに通って、より専門的な内容を身に着けることをおすすめします。

ブログを作ってポートフォリオを公開

プログラミングスキルをアピールするためのポートフォリオ

ある程度プログラミングのスキルと知識が身に着いたら、自分で制作を行いましょう。
制作物は何でも構いません。

そして、いくつかの作品が出来上がったら、それを自分のブログで公開して、ポートフォリオにするのです。
そうすることで、自分がどのような作品を作れるのかという事をクライアントに証明することができるため、より信頼を獲得しやすくなります。

高校生がプログラミングスキルを身に着けると無敵になる理由

高校生のうちにプログラミングスキルを身に着けておくと、その後の社会生活において「無敵」になると言えます。
ではその理由について、詳しく見ていきましょう。

周りより突き抜けられる

プログラミングスキルに秀でている

自分の友人に、プログラミングの知識とスキルがあり、実際に案件を受注して稼いでいるという人はいるでしょうか?
きっといないでしょう。

このようなことから、いち早くプログラミングのスキルと知識をつけ、案件を獲得できるようになると、周囲の人と比べた時に頭一つ突き抜けた存在になることができます。

これは、大学進学の際のアピールポイントになりますし、就職活動の際の武器にすることも可能になるのです。

個人で稼ぐ力を早くに身に着けられる

プログラミングで稼いでいる様子

そして、個人で稼ぐ力を身に着けることも可能になります。
一昔前は、高校を卒業して大学に入り、いい会社に就職すれば人生安泰と言われていました。

しかし、今となっては大企業が平気で倒産する時代です。
また、給料がほとんど上がっていないのに物価が上昇しているというかなり厳しい時代に突入していますので、自分で稼ぐ力をできるだけ早い段階で身に着けておくことが大切だと言えます。

プログラミングのスキルを身に着け、個人で稼ぐことができるようになると、
・会社員として働く
・副業としてプログラミングに取り組む
・プログラマーとして独立する
というような、様々な選択肢を取ることができるため、万が一会社をリストラされてしまっても、けがや事故で会社に通えなくなってしまったとしても、自分自身でお金を生み出すことが可能になるのです。

まとめ

プログラミングで稼いでいる様子

高校生がプログラミングのスキルを身に着けて、実際に案件を獲得できるようになれば、
・アルバイトをしなくて良い
・個人で稼ぐスキルが身に着く
・周りより頭一つ突き抜けた存在になれる
というようなメリットを得ることができます。

ただし、「高校生」という肩書によるデメリットもいくつかありますので、仕事の獲得方法や信頼の積み上げという事に関して、じっくりと考えていく必要があるでしょう。

プログラミングで稼いでいる様子
最新情報をチェックしよう!