プログラミングで転職した男性

未経験者でも大丈夫?プログラミングで稼ぐための方法は?

プログラミングで転職した男性

プログラミングに興味を持っている人や、プログラミングで稼ぎたいと思っている人はたくさんいます。
しかし、中には、
「未経験」
ということがネックになってしまい、中々プログラミングにチャレンジできないでいる人もいるでしょう。

そこでこの記事では、未経験者がプログラミングで稼ぐ方法について、詳しく解説していきます。

未経験者が感じている不安

まずは、プログラミング未経験者が感じている不安について、詳しく見ていきましょう。

プログラミングスキルを身に着けることができるのか?

プログラミングをしている画面

プログラミング未経験者のほとんどが、
「本当にスキルを身に着けることができるのかな」
と思っているでしょう。

確かに、プログラミングは難しいというイメージが確立してしまっているため、自分にできるかなと不安になる気持ちはわかります。
しかし、実際にやってみるとそこまで難しくなかったと感じる人も多くいるのです。

そのため、不安を感じる時間があるのであれば、「まずはやってみよう」という気持ちを持ってみることをおすすめします。

プログラミングで稼ぐことはできるのか?

プロうgラミングで稼ぐ

未経験者や初心者の中には、
「プログラミングで稼ぐことなんて本当にできるの?」
と思っている人もいます。

特にプログラミングの知識やスキルが全くない人というのは、自分がプログラミングをしている姿をイメージすることも難しいですし、仕事を受注するイメージを持つことも難しいですよね。

そのため、このような不安を抱えやすいのですが、ある程度スキルと知識を身に着けることができれば、個人でも仕事を獲得して稼ぐことができるのです。

未経験者がプログラミングで稼ぐまでのステップ

プログラミング習得へのステップアップ

では、未経験者がプログラミングで稼ぐまでのステップを3つに分けて解説していきます。

ステップ1:プログラミングスクールで学習
まずはプログラミングスクールで学習をするステップです。
独学で学習をするという方法もあるのですが、これは遠回りになる可能性がありますし、挫折してしまう可能性が高いためあまりおすすめできません。

プログラミングスクールに通うことで、あらかじめ用意されたカリキュラムを用いて、効率的に学習をしていくことができます。
また、わからないことがあればすぐに質問をすることができますので、効率的に学習できるのです。

ステップ2:ポートフォリオを作る
そして、プログラミングスクールである程度の知識とスキルを身に着けることができたら、次はポートフォリオを作るステップに移ります。

ポートフォリオには、自分が作った制作物を掲載し、クライアントへのアピール材料として活用していきます。
いくつかの制作物を掲載しておくことで、信頼を獲得しやすいため、時間を見つけて好きなものを作ってみてください。

ステップ3:低単価案件で実績を積む
そして、ポートフォリオがある程度完成したら、クラウドソーシングサービスを使って案件を探していきます。

この時に大切になるのが、最初は低単価案件で実績を積むという事です。
クラウドソーシングというのは、お互い顔が見えない状態での取引になりますので、何の実績もない状態では高額案件を受注することができません。

しかし、低単価案件をいくつかこなし、実績を作ることができれば、その実績を基に高額案件に応募していくことができるのです。

プログラミング初心者が受けるべき仕事って何?

プログラミング案件と言っても、仕事内容は多岐にわたります。
では、プログラミング初心者が受けるべき仕事はどれなのでしょうか。
比較的難易度が低い仕事をいくつか紹介していきます。

LP作成

HTML

まずは、LP作成です。
ランディングページというのは、広告や検索結果をクリックしたユーザーが、最初に訪れるページのことを指し、1ページで完結することが多いです。
また、LPを作るために必要な言語は、
・HTML
・CSS
・JavaScript
などになる事が多く、初心者でも比較的習得がしやすいのです。

コーポレートサイト制作

パソコンでプログラミングをしている様子

そして、少しスキルと知識がレベルアップしたら、コーポレートサイトの案件を受注してみることもおすすめです。
これは、会社紹介をするためのページで、
・HTML
・CSS
・JavaScript
の知識に加え、ワードプレスの知識があれば受注することができますので、比較的難易度が低いと言えます。

プログラミング未経験者が仕事を獲得する方法は?

では、プログラミング未経験者がある程度のスキルと知識をつけて、いざ仕事を獲得する段階になった場合、どのような方法で案件を見つけていけば良いのでしょうか。

クラウドソーシング

クラウドソーシング

まずは先ほど解説したクラウドソーシングです。
クラウドソーシングを利用すれば、実績0の状態でも仕事を獲得することができますし、自宅で仕事をすることができるため、未経験者や初心者でも安心して案件を探すことができるのです。

エージェントの活用

プログラマーのエージェント

続いては、エージェントの活用です。
フリーランスエージェントなどでは、プログラミング案件を依頼したい企業と、プログラマーを繋いでくれます。
エージェントには、比較的高単価の案件があるため、ガッツリ稼ぎたい人にはおすすめですが、求められるスキルや経験も増えてきますので注意が必要です。

IT企業に転職

プログラマーがIT企業に転職

そして、IT企業にそのまま転職をするという方法もおすすめです。
IT企業に転職をすれば、給料を貰いながら、更にプログラミングのスキルと知識、それから経験をレベルアップさせることができます。

そして、ある程度プログラミングのレベルが上がり、ほとんどの仕事を自分でこなせるようになったら、独立をしたり、副業を開始したりという選択をする事も可能なのです。

まとめ

プログラミングで転職した男性

プログラミング未経験者でも、ある程度の知識とスキルを身に着けることができれば、個人で案件を獲得できます。
そのためには、今回紹介したステップに従って学習、行動をしていく必要があるのです。

また、未経験者や初心者が受けるべき仕事などもありますので、いざ仕事を探す段階になったら、今回紹介した仕事を優先して探してみることをおすすめします。

更に、プログラミング未経験者が仕事を獲得する方法は意外とたくさんありますので、自分に合った方法を探してみましょう。

スポンサーリンク
プログラミングで転職した男性
最新情報をチェックしよう!