大学生にオススメ出来るほどプログラミングスクールFreeksは安い

大学生にオススメ出来るほどプログラミングスクールFreeksは安い

大学生にオススメ出来るほどプログラミングスクールFreeksは安い

大学生と言えば時間はあるけど、お金は無いですよね。

今回は大学生でも楽に払えるプログラミングスクールFreeksを紹介します。

大学生がプログラミングを習得するにはスクールに通うべし

大学生は、将来就職するときに様々な資格を取得していたほうが良いと考えます。

人によって資格を取得した方が良い場合もあればなくても大丈夫な場合もありますが、やはり将来に対して不安を感じるのは間違いないところです。

このような場合、できるだけ将来に役立つ資格としてプログラミングの資格があります。

プログラミングは、パソコン関係の仕事につきたいならばこれからも必要になるところです。

ただ資格を取得する場合、独学で勉強するのはなかなか簡単なことではありません。

もちろん中には、独学で勉強できる人もいますが多くの場合自分で勉強してもわからないことが多いです。

それだけでなく、孤独になるとやる気がなくなってしまい別のことに気持ちが移ってしまう可能性も否定できません。

このような場合は、プログラミングスクールに通うのが良いかもしれません。

プログラミングスクールはFreeksが安い

日本にはたくさんのプログラミングスクールが存在しており、昔ながらの専門学校的なところも存在しています。

それだけでなく、予備校がプログラミングを教えている例も少なくありません。これらの場合には、基本的に学校に通うことになるはずです。

ただ社会人であっても学生であっても、なかなか通うのが難しい人もいるでしょう。もしその場合には、インターネット上でできるプログラミングの勉強が良いかもしれません。

勉強を教わる場合には、お金を払うのが普通になります。

お金をもらって勉強をする人は珍しく、通常資格を取得する場合も学校側にお金を払うのが基本です。

これは大学生であっても例外ではありません。

とは言え、大学生が授業料以外に勉強のためのお金を支払うのはなかなか大変です。

家庭の方で出してくれるケースもあるかもしれませんが、なかなかそれも難しいと言えるでしょう。

このような場合には、Freeksを選ぶと良いかもしれません。

今日までお休み。
今、やっているプログラミング勉強している。#フリークス(Freeks)
もう少し、スポーツジムへ行き。
たくさん身体を動かすこと。
肩周りや腰回りを筋肉ほぐすしに行こー。

— ひろみ (@hi_izm) October 18, 2021

大学生におすすめ出来るプログラミングスクールFreeksとは

Freeksとは、ユーアンドアイグループ株式会社と呼ばれるところが運営しています。

通常プログラミングを学べるスクールは、1ヵ月あたり20,000円から30,000円位するものです。

1年間通うと、400,000円から500,000円位の支払いになるでしょう。

もちろんお金を持っている大学生ならば、それぐらいのお金は特に問題なく支払います。

しかし多くの大学生は、資格を取得するのにそこまでのお金を支払うことができません。

それならば、初めから資格を取らずに就職するかあるいは社会人になってお金をある程度手にしてから、改めて通うことになるでしょう。

実際に通うとなれば、安い方が良いですがここの場合は月額9800円となっています。

9800円といっても、実質一万円と200円しか変わらないため、毎月10,000円の費用を支払うことになるわけです。

当然ながら、平均20,000円から30,000円をするプログラミングの学習においては、格安と言わざるを得ません。

まるで学生のためにあるような学校といっても言い過ぎではない位です。

【最低限覚えるべき開発者知識】

・現場に入る前にざっとでも良いので学習して下さい!!

要件定義
基本設計
外部設計
内部設計
機能設計
詳細設計
プログラム設計
プログラミング
単体テスト
結合テスト
総合テスト
システムテスト
運用テスト#駆け出しエンジニアと繋がりたい

— 月額1万円のプログラミングスクール/Freeks(フリークス) (@Freeks_japan) July 5, 2021

プログラミングスクールFreeksが安い理由

そもそもなぜ、これほど安いのでしょうか。

この点に関しては、安いと言う事はそれだけ教材がいい加減で仕組み自体がいい加減な可能性があると言う人もいます。

確かに、費用を削減してハリボテのような学校があるのも事実です。

しかしこのFreeksに関してはそのような事はありません。

ではなぜ安いかと言えば、やはり教室がないからといえます。

本来であれば、予備校や専門学校等は学校の場所が存在しています。

住所があり、そこに建物があって通うことになります。

大きな所でも小さな所でも、学校側は場所を確保しており、そこに先生と生徒そして事務員などが存在するわけです。

そうすると、その学校の敷地や建物を借りるために、毎月大きなお金を支払わなければいけません。

高校等と異なり、スクールバスなどがあるわけではないため、多くの場合立地の良いところや駅前などに場所を確保しています。

そうすると気になるのが、やはりその場所を借りる場合や建物の賃料の多さになります。

建物の大きさや借りる面積にもよりますが、一般的には1,000,000円以上のお金を毎月支払っているといっても言い過ぎではありません。

それだけのお金を支払うだけの価値があるわけですが、しかしその賃料の分授業料が高くなるのが普通です。

学校側も、受講料を安くした上で高い賃料を支払うのは黒字から赤字に転落するようなものでできるだけ避けなければいけません。

そのような意味において、とにかく賃料を安くしているこの学校は、生徒に授業料を還元しているといっても言い過ぎではない位です。

プログラミングスクールFreeksはサポートも充実

サポートがいい加減ではないかと言う人もいるかもしれませんが、十分なサポートをしているのが特徴です。

サポートの中でも、有名なのが転職サポートと呼ばれるものです。

学生には直接関係ないかもしれませんが、様々な企業とつながりがあるため、その企業とのパイプで転職をすることができるわけです。

特に20代から30代になると、転職できる会社が見つかりにくくなりますが、この場合サポートが効いてきます。

大学生にオススメ出来るほどプログラミングスクールFreeksは安い
最新情報をチェックしよう!