大学生でも楽に払える安いプログラミングスクールFreeksとは

大学生でも楽に払える安いプログラミングスクールFreeksとは

大学生でも楽に払える安いプログラミングスクールFreeksとは

Freeksは全て込で月額約1万円から通えるプログラミングスクールなので、大学生でも気楽に通えます。

今回は、Freeksとはどんな感じのプログラミングスクールなのかを紹介していきます。

Freeksは月額約1万円なので大学生も気軽に受講可能

プログラミングスクールのFreeksは、月額制の料金体系で月額約1万円と安い、大学生でも楽に払える手頃な価格が魅力的です。

月額制なので支払う費用は継続する月数で決まりますし、安い費用であっても3年以上の実務経験がある現役エンジニア講師から学べるので安心です。

20代から30代前半が主なターゲットの、オンラインで気軽に始められるプログラミングスクールですから、大学生だけでなく社会人の利用にも適しています。

ちなみに入会金は不要ですから、月額が安くても入会金が高くて元を取るまで辞められないということはないです。

Freeksの月額は正確には9800円税抜と、税込でも非常にリーズナブルな金額です。

戦略的な価格設定ともいえますが、ハードルを低くして入り口を広げ、その分継続してもらうことで収益を出しているとも考えられます。

いずれにしても、利用する側にとってお得なのは間違いなく、自分で期間を決めて利用できるのも確かです。

プログラミングスクールと一口に言っても大小様々、料金体系もばらばらですが、年間を通して学習するとなると総じて高額になるのがネックです。

しかし、Freeksは12ヶ月でも約13万円に収まるので、費用を節約できますし、改めて1ヶ月あたりがとてもお得だということが分かります。

Freeksには勉強会や模擬プロジェクトまであるので就職前の大学生にオススメ

勉強会や模擬的なプロジェクト、転職サポートも料金に含まれるので、文字通り月額定額で安い大学生にも嬉しい内容となっています。

東京の千代田区の永田町駅前に校舎があるので、都内や近隣に在住の人であれば、オフラインで通学して校舎で学習できます。

それ以外の地域に在住していたり、忙しいなどの理由で通学できない人は、オンラインが選択できるので便利です。

余談ですが、転職特化型のプレミアムプランも用意されているので、転職を重視したい社会人にもおすすめです。

プログラムに興味がある、でも習得できるか分からず高い本を買うのはためらう、あるいは過去に挑戦して挫折した経験がある人にも狙い目です。

理由としては、JAVAやPHPを含むJavaScriptやPythonなど人気の言語を網羅している上に、体系的なカリキュラムが定額で全て受講できることが挙げられます。

また疑問はすぐに講師に質問できるシステムですし、質問の回数に制限はないので、学習意欲さえあれば覚えたいプログラミング言語が習得できます。

転職サポートが用意されているのは当然ですが、就職のサポートもあるので、これからエンジニアを目指す大学生にこそFreeksは最適なプログラミングスクールだといえます。

プログラミング言語の習得に加えて、更にプロジェクトをまとめるマネジャー、フリーランスとしてのカリキュラムも利用できます。

個別面談が週1回のペースで実施されるので、何をゴールとして目指すか、目標に近づけているかなど確認しながら前に進めます。

現場で使える知識や技術が身につくプログラミングスクールですから、業務提携先の企業やシステム開発のクライアントなどに転職できる支援制度が用意されているのも魅力があります。

Freeksには学べる内容がたくさんあるのでお金は無いけど時間はある大学生に最適

大学生にとっては入会金0円で月額は約1万円と、無理なく払える価格設定が魅力だと思われます。

WebサイトやWebサービスの開発を1から学べますし、知識をつけて技術を磨き、やがて実践に役立てられるようになります。

Freeksは通学にも対応していますが、自分のペースで続けやすいオンラインもあるので、大学生やアルバイトをしながらの利用にも最適です。

安いのにそれを感じさせない充実の内容ですし、将来的にエンジニアなどの形で就職や転職ができれば、あっという間に元を取ることができるでしょう。

 

Freeksの利用者は駆け出しエンジニアだけではありません😌

既にエンジニアになったけども、スキルアップができる環境じゃない方も学んで転職されております!#駆け出しエンジニアと繋がりたい#Progate#Freeks

— 月額1万円のプログラミングスクール/Freeks(フリークス) (@Freeks_japan) December 28, 2021

Freeksでは現役エンジニアから学べるので実際の職場を知ることも可能

夢が大きくなるだけでなく可能性が広がりますから、自分の可能性を広げたくなったらFreeksの検討をおすすめします。

安いプログラミングスクールにありがちな、自習ベースのスクールとは異なるので、しっかりと現役エンジニア講師から学べます。

やはり本物のエンジニアはひと味違い、現役ともなると知識量が優れていて最新の事情にも精通しています。

質問に対する的確かつスピーディーな答えに期待できますし、質問してトンチンカンな答えが返ってくる心配はないです。

これだけでも月額の価値はあると考えられますし、他と比べてかなり安いのは明らかです。

プログラミングを習得する希望に応えたり、可能性を広げてくれるスクールですから、月額の安さを差し引いても検討に値します。

むしろ、現役エンジニア講師つきでもっと安くと願うのは贅沢というものですし、1万円を用意して入会を済ませ、1ヶ月挑戦して続けるか決めるのが正解でしょう。

アルバイトをしながらでも無理なく続けられる金額ですが、後は毎月約1万円の負担に納得できるかどうかです。

JAVAのように、人材のニーズがあるのに習得が難しい言語もカリキュラムに含まれているので、稼げるエンジニアを目指すのも夢ではないです。

プログラミングスクールFreeksは全国の駆け出しエンジニアに利用されています😌

未経験の方からもう既にテスト案件などに入っているエンジニアも受けております!

開発案件に入るために👍#駆け出しエンジニアと繋がりたい #Progate

— 月額1万円のプログラミングスクール/Freeks(フリークス) (@Freeks_japan) December 22, 2021

大学生でも楽に払える安いプログラミングスクールFreeksとは
最新情報をチェックしよう!