デイトラのカリキュラムはこんなに凄いということを知っていますか?

デイトラのカリキュラムはこんなに凄いということを知っていますか?

デイトラのカリキュラムはこんなに凄いということを知っていますか?

デイトラは安いだけではなく、カリキュラムも優れていることをご存知でしたか?

今回は、デイトラのカリキュラムに関して調査したことを紹介します。

デイトラのカリキュラムは良いのか?

デイトラは受講生が着実にレベルアップできる進め方を採用しています。

しかも非常に効率を重視しており、基本的には90日ですべてマスターが可能です。

そう言われると、強引な詰め込みを行っているように感じる人もいるでしょう。

そうではなく、初級から上級まで3個のステップが用意されていて、自分のレベルに合わせて段階的に学べます。

各ステップを30日で完了するため、合計で90日となっています。

初級では分野に関する基礎知識を網羅的に学び、中級ではそれお実践していくためのテクニックの習得が可能です。

そして上級では、ここまでの集大成として高度な応用力も学習します。

これらをすべてクリアすれば、一人で稼げるだけのノウハウが身についているでしょう。

1日あたりのタスクを設定していることもポイントの一つです。

初心者の場合、たとえ30日という短期間でも、自分で適切な計画を立てるのは困難です。

全体像が見えていないため、時間や内容をうまく調節できません。デイトラは多くの受講生を相手してきた実績があり、初心者がつまずきやすい点などもすべて把握しています。

そのデータをもとに、何をどれくらい進めていけばよいのか分析済みです。

したがって、1日ごとのカリキュラムを明示できますし、どの日を見ても無理のない理想的な配分になっています。

それに応じる形で進めていくので、ペースなどに頭を悩ますこともありません。

すなわち、自己管理が苦手な人にもぴったりで、とにかく勉強に集中したいという人にもうってつけです。

受講生が成すべきことは、各日のタスクを指定された順序どおりにこなすことだけです。

これによって自然と理想的な効率的で学習を続けることになるでしょう。

スキルアップのための最短ルートを歩んでいるというわけです。

他のサービスとの併用も想定していないため、個人的なこだわりがある場合を除き、こちらに1本化して取り組みましょう。

たとえば、働き先が別のサービスを推奨している場合などは、併用も視野に入れたほうが良いケースもあります。

しかし、原則的には全面的にカバーしているので、こちらを頼りきる形になっても大丈夫です。

これまで独学でWeb制作を勉強してきましたが、カリキュラムがあったほうが勉強に集中できると思いデイトラはじめました。#デイトラ #webデザイン勉強中#web制作勉強中#Webデザイナーとつながりたい

— はるふぁ (@_harufa) November 3, 2021

デイトラのカリキュラムにはやる気を出すための仕組みだたくさんある

学習を進めていくうえで、マイページが大きな意味を持ちます。

単純に情報の登録や管理を行うたけでなく、コンテンツや進捗を視覚化してくれているのです。

そのため、自分の立ち位置が容易に分かりますし、次に学ぶべき内容をターゲットとして認識できます。

勉強したいカリキュラムをクリックするだけで、すぐに学習を進められるというシンプルな構成になっています。

ページ構成にも統一性があるので、どこに重要なことが書かれているのか分かります。

テキストや動画による解説を見ながら、テンポよく学習を進めていきましょう。

カリキュラムの単元が終わり、まだ勉強したいと思ったら次に進むためのボタンを押します。

それだけで続きがスタートするというお手軽な構成です。忘れてはいけないユニークな恬として、想定される月収を表示するステップがあります。

カリキュラムが終わると、それを踏まえた実力をもとに計算してくれるというわけです。

自分の市場価値が金額で分かり、どれだけレベルアップしたのか直感的に把握できます。

進むにつれて月収はアップしていくので、稼げる技術を習得している感覚を持てるでしょう。

これによってモチベーションが高まり、根気よく受講を続けるメンタルを維持できます。

デイトラのカリキュラムは楽しみながら学習できる

この仕組みはゲームに近いものがあり、楽しみながら勉強できることもメリットです。

同業他社のEラーニングなどのサイトでよくある不満として、本当に実力が付いているのか分かりにくいことが挙げられます。

こうして金額に換算されることで、自分の成長に現実感が伴ってきます。

しかも、技術面でもそれを体感するための仕組みが備わっているのです。

たとえば、Web制作コースの場合は、最後に模擬的なサイトを作るカリキュラムが用意されています。

セミナーのように、話を聞いたり見たして終わりというわけではありません。

実践力を養うための工夫が随所になされており、受講が終わるときには職場で少し経験を積んだぐらいの状態になっています。

これには大きく2つの狙いがあることを覚えておきましょう。

スクール検討してた時デイトラとテックアカデミーで迷ってた。
テックの体験でメンターさんとの通話でカリキュラム以外こともお話してくださってとてもよかった。
だいぶ迷って値段とかもろもろでデイトラにしたけどまだ未練はあるな…
修了後案件紹介してくれるシステムは気になる。

— みかん@webデザイン学習 (@mikan_design) October 29, 2021

デイトラのカリキュラムで学習する際のポイント

1点目は上述のように本当の制作を通して、経験と実績を積んでおくことです。

そうすることで就職や転職の面接でアピールできますし、働き始めるときに戸惑うリスクも減らせます。

2点目は受講生に制作の楽しさを実感してもらうことです。

途中でプロの道をやめてしまう人の大半は、一度も完成の喜びを味わっていません。

それを知ることで、もう1度体験したいと思って、モチベーションを維持できるようになります。

実際は働き始めてから体感するものですが、こちらならそれを一歩早く味わえるというわけです。

それが学習の意欲を向上させることになり、着実に最後まで続けようとするスタンスを生み出せます。

 

よし!今日の仕事終わり🎉
最近は #デイトラ の今後に向けた仕事が多くて、まだ言えないこともたくさんあるんですが、2022年に色々と大きなニュースが続くと思うので楽しみにしててほしいです😊

もちろんカリキュラムもまだまだ進化するよ👨‍💻✨

— ショーヘー@デイトラ運営 (@showheyohtaki) October 16, 2021

デイトラのカリキュラムはこんなに凄いということを知っていますか?
最新情報をチェックしよう!