デイトラのrubyコースでは仕事でも使える実践的なコースということを知ってましたか?

デイトラのrubyコースでは仕事でも使える実践的なコースということを知ってましたか?

デイトラのrubyコースでは仕事でも使える実践的なコースということを知ってましたか?

デイトラは安くて良質なプログラミングスクールとして有名ですが、rubyコースではどのような内容を学習するかご存知でしょうか?

今回は、どのようなカリキュラムで仕事で使えるスキルを習得可能なのかを調査してみました。

rubyコースを展開するデイトラとは?

プログラマーに興味関心を寄せていたりプログラミング言語を用いて物づくりをする事に興味関心があるのはもちろん、あらゆる業界で情報技術が身近なものになっている事で個人的な知識を増やしたいと考えていたり、新たなる分野で活躍したいと考える方も増えてきています。

プログラミングの重要性が高まっている様子を受けてスクールの数と注目度が右肩上がりですが、数多い中で突出して熱視線が注がれているのがデイトラです。

1日を1つの単位として挑戦する事をテーマにしている名称からもわかるように、1日につき挑戦する課題の数は1つのみなのでじっくりと向き合えるのと共に初心者でも連日勉強がしやすい仕組みです。

しかも、継続するのは90日間のみなのも学び始める前や学び始めて間もない頃の気持ちを維持したまま全てのカリキュラムが終えられる理由です。

独自性が高い学び方が採用されているのは、SNSにて30日間にわたって1日1つの課題を行うととても効率的に学習できる事が判明した点が関係していて、既に効率的に学習できる事が判明している仕組みに則ってカリキュラム作りが行われているが故に、学習をすると学び続けていくほどに理想的な形になっていきます。

おはようございます!
今日の大阪は曇っております!
昨晩デイトラを登録しただけなので、今日からどんどん進めていこうと思います!
スクール掛け持ちの3ヶ月でどこまでいけるのでしょーうか!?
必死で食らいついていきます!
好うご期待!
今日をデイトラDay1とします!
Rubyスクールは本日Day14!

— 拓海@世界に挑戦!猫好きプログラマ (@takumi_prog) October 20, 2021

デイトラのrubyコースの内容

SNSで行った学び方が基本になって本格的にサービスが展開されている様子からもわかるように、プログラミングをできるだけ広い範囲の人達に触れてもらう事も重要視しているため、利用料金と環境も敷居が低く感じられるように徹底されています。

エンジニアとして新しい人生を歩み始めた方や、プログラマーとのやり取りがより一層円滑化させられた方において直接的なきっかけになったのがrubyのコースであり、とても注目度高くて実際にあらゆるシステムで採用されているプログラミング言語をしているからこそ活躍の場が広がります。

さらに学習するのはrubyのみに限らずHTMLとCSS、JavaScriptなどのプログラミング言語やウェブサイトなどを構築していく上で基本になる事にも及ぶので、デイトラで学べばあらゆる開発に対応できるスキルが手に入ります。

そのような豊富な学習内容がわかりやすく段階的に学べるのは前半と後半で分類されているのが関係しており、前半にてプログラミング言語における基礎的な知識を得た後、後半に実際の依頼にとても近い環境下でウェブのアプリケーションを開発していきます。

そういった仕組みで分かれている様子からますます良い学習に繋げる上で大切なのは前半にてウェブの基礎であるHTMLとCSSをじっくりと理解しつつ、後半にて応用にも対応できる能力を得る事です。

そして、rubyのコースではウェブのアプリケーションやウェブサイトの開発などに繋げられる総括的な知識が得られるのと共に、エンジニアになって仕事を得たり活躍する能力も得られるようになります。

今後プログラムを使って仕事をする目標を持っている方や、フリーランスになるが故にプログラミングも自らで行う必要がある方にとっても、より現在有している能力が高められます。

デイトラのrubyコースで学習する内容は仕事でそのまま使える

尚且つrubyのカリキュラムでは機能の搭載のみならず装飾をする時に使用されるライブラリに触れられたり、チームを組んでソフトウェアなどの開発をしていく時に使用するツールにも触れられるため、現場で活躍する時の環境に初期段階から触れられて技術を高めつつ即戦力も手に入ります。

第一線で活躍するエンジニアにとって欠かせない事柄のみに着目して学ぶため短期間ですぐに現場に入れる人材に成長できますし、全ての段階を終える事にはポートフォリオを手掛ける仕組みにもなっているため、学習をしながら作ったポートフォリオを使いながら就職活動や転職活動が行えるのはもちろん、フリーランスになる方は外部の方々に簡単に能力が伝えられるようになって仕事が手に入りやすくもなります。

また、rubyと共に学習していくPHPはシステムの背後にて処理をする目的で使用されるプログラミング言語である特性上多方面から需要がある人材なので、好みの環境を探して働きやすかったりデザイナーとプログラマーの両方を兼務しながら働く道を選ぶ事も可能です。

このように、システムの基盤になる部分に着手し開発できる能力が手に入るのにも関わらず学生でも問題無く利用できる額が設定されている上に紹介やプロモーションコードの使用、キャンペーンの利用などでより利用しやすくなります。

rubyはかつてプログラミングを経験した事が無い方でも現場で働けるようになる事を目的にしているので、初期段階で学ぶ内容は多くの方々にとって挑戦しやすい様相になっていますが、後半になると自然にとても難易度が高い内容に挑戦できるようになります。

プログラミングに触れるのが初めての初心者でも段階を踏めばすっかり一人前の知識が得られるのは、課題に向き合っている時にわからない事があった場合に速やかにスタッフに質問できる環境が整っているためです。

 

デイトラのRubyコースだと質問されても答えを極力教えないようにしてる

プログラミングで答えを知っておくことは重要じゃないからこの方針をとってる。「この場合はこうすればいいのね」という知識は明日にも変わる可能性があるくらい変化が早い業界だから

答えを導く考え方を教えないといけない

— とだこうき@デイトラ運営 (@cohki0305) August 2, 2021

デイトラのrubyコースでは仕事でも使える実践的なコースということを知ってましたか?
最新情報をチェックしよう!