デイトラの受講料金は高いのか?徹底調査しました!

デイトラの受講料金は高いのか?徹底調査しました!

デイトラの受講料金は高いのか?徹底調査しました!

デイトラの受講料金は高いと感じる方がそれなりにいらっしゃるようです。

そのため、デイトラの受講料金は本当に高いのかを調査してみました。

デイトラの受講料金は高い?

デイトラは評判がとても良いですが、受講料だけに着目すると高いと感じる人もいるでしょう。

たとえば、Web制作コースは79800円ですし、動画制作コースは69800円となっています。

書籍を購入して勉強するケースと比べると、10倍近くの出費を伴うことになるからです。

しかし、プログラミングスクールやその他の専門学校で習うことを考えると、ここの価格設定は決して高額ではありません。

一般的なEラーニングと比べた場合も同様で、少なくとも標準的な価格帯といえるレベルです。

同程度のところはいくつも存在しているので検索してみると良いでしょう。

それどころかサポート代まで考慮すると、かなりの割安といえます。

充実したサポート制度が存在し、これをオプションと捉えた場合は、10000円ほどの追加料金に相当すると考えられるクオリティです。

そろそろprogateが終わりそうな方には、絶対的にデイトラをお勧めします!!
progate→デイトラweb制作コース→デイトラ独立サポート
の黄金ルートを行けば、月20万円の再現性はめちゃめちゃ高いです✨
詳しくはプロフまで!#デイトラ#駆け出しエンジニアと繋がりたい

— seiya@webフリーランス (@seiya57309569) April 8, 2021

デイトラはコスパ抜群なので受講料金は全く高くない

教材の閲覧に期限は設けられておらず、基本的にはずっと閲覧できます。

そのため、一回学習しただけでは不安な場合や、忘れてしまったと感じている場合は、さかのぼって納得できるまで学習が可能です。

さらに、Webセミナーが開催されることもポイントの一つです。

最新の情報を得られるように定期的に開いてくれます。

講座のカリキュラム自体も新しいものですが、展開が速い分野なので時間とともにカバーできない点も出てきます。

そのような取りこぼしを残したままにしないため、Webセミナーを有効活用して情報を補填しているというわけです。

これが無料というのですから、受講料を額面どおりに受け取るのは良くありません。

Webセミナー代が含まれていると考えると、やはり受講料金はかなりお得ということになります。

さらに、キャリアサポートが付いている点も大事であり、これに引かれて受講を決める人もいるぐらいです。

ただし、こちらに関してはオプション扱いである点に注意しましょう。いずれにせよ、充実したサポートの存在を踏まえたうえで、本当に高いのかどうか判断する必要があります。

上記のように多様な観点で比べると、一般的なスクールなどと比べて安いことが分かるでしょう。

しかし、手放しで喜ぶのではなく、その安さをどのようにして実現しているのか気にする人もいます。

クオリティが低いことを懸念する人もいますが、そのような事実はないので安心してください。

受講料金が相場より安いのは企業努力の成果に他なりません。宣伝広告費を削っていることもその一つであり、ほとんど支出が発生しない方法でアピールしています。

それはSNSを使った方法であり、しかも評判が拡散されているのが実情です。

簡単にいうと、口コミで次々と認知度が上がっているので、わざわざ自分たちで宣伝する必要がありません。

これにより宣伝広告費がゼロに近い状態にまで抑えられ、その分だけ受講料金を安く設定できているというわけです。

クオリティを下げる必要は一切ないため、高品質な時講座を低価格で受けられます。

すなわち、コストパフォーマンスは抜群であり、最終的には他と比べて節約する効果を期待できるでしょう。

shopifyのメリット
・世界シェア1位のECプラットフォーム
・既存のテーマやアプリを使うので制作費用が安い
・初心者でも使いやすい操作性
・shopifyがクラウドを管理するためセキュリティも安  心
・他サイトとの連携が容易で販売力が高い#デイトラ#shopify

— こうせい@Shopifyで稼ぐ大学生 (@Kousei_Shopify) July 8, 2021

デイトラの受講料金は高いという人がいる理由

それにもかかわらず、高いと文句を言っている人がいることも事実です。

人によって価値観は異なるので、そのような意見があっても不思議ではありません。

しかし、こちらに限定すれば、そういった意見が出ることには根本的な理由があります。

それは講座が月謝制や回数制ではなく、買い切りのタイプであるという点です。

前者の2つの制度であれば、自分に合わないと感じたら任意のタイミングで辞められます。

1カ月で見限れば、1カ月分の受講料金を支払うだけで済みます。

実際は入会費や教材費のことなども考える必要がありますが、それでも任意のタイミングで切り上げられることは大きなメリットです。

こちらに関しては、たとえば途中で気に入らないと感じても、受講料金をフルで支払うことになります。

そうなった人たちにとっては、高い講座と感じられるのでしょう。

 

プログラミング教材のドットインストールっていいのかな?
Progateはやってるけど、
デイトラは高いし…

— リハ助マン|コツコツのヒーロー|理学療法士 (@rehasukeman) July 31, 2020

デイトラの受講料金は高いは間違った情報

言い換えると、最後までやり通すという意志を貫いた人は高いと感じません。

また、フルで支払うからこそ、やり抜こうという決意を固められるという点もポイントです。

そして、このように払いきりの形にしているのは、企業側は自社のカリキュラムや指導に絶対の自信を持っているからです。

良くないという評判が広まってしまえば、払いきりのタイプに申し込んでくれる人は減ってしまいます。

前述のように口コミで良い評判が広まるほどのクオリティなので、こういった料金制度を採用できているというわけです。

実際、高いと感じて不満の口コミを投稿している人はごく僅かです。

それらの内容をしっかり読めば、個人的に合わなかったことが理由だとすぐに分かるでしょう。

したがって、やはり相場よりも安いという認識で間違いはありません。

もちろん価格面だけでなく、ポートフォリオを残せることをはじめとして、魅力的な点は他にもたくさんあります。

デイトラの受講料金は高いのか?徹底調査しました!
最新情報をチェックしよう!