CODEGYM Monthlyは安いプログラミングスクールだが教材なども入っているのか

CODEGYM Monthlyは安いプログラミングスクールだが教材なども入っているのか

CODEGYM Monthlyは安いプログラミングスクールだが教材なども入っているのか

CODEGYM Monthlyは安いプログラミングスクールですが、どこまで受講料金に含まれているのか気になる方も多いかと思います。

今回は、教材なども受講料に入っているのかを説明していきます。

独学でのプログラミング習得は困難なのでCODEGYM Monthlyがおすすめ

大人になって、プログラミングを学びたいと考える人もいるはずです。

今までプログラミングを学んでこなかった人も、すでに学んだけどもこれからさらに資格を取得したいと考えている人も新たな勉強をしなければいけません。

この場合、勉強の仕方が2種類あり、1つは独学で学ぶ方法です。

最近はインターネットなどの動画を拾えば、ある程度自分でも学ぶことができるかもしれません。

それだけでなく、販売されている本などを購入することで、学べるのは間違いないところです。

しかしながら、独学で学ぶにしても限界がある分野も少なくありません。

このような場合や、あるいは自分で教材を買ってきて学ぶのが苦手な人つまり人から教わるの好きな人は直接どこかから教わった方が良いかもしれません。

もし教わりたい場合には、CODEGYM Monthlyを選ぶと良いです。

CODEGYM Academyでは技術面だけでなくマインドや学習方法、コミュニケーションなど色々なことを学ぶことができました。
普通の卒業式だと寂しい思いや、思い出を懐かしんだりしますが、今はこれからもっと努力するぞ!という気持ちで一杯です。全国に共に走りきったコドジム生がいるので頑張れます!

— スカル (@Dorachanpro) October 30, 2021

プログラミングスクールCODEGYM Monthlyではオーダーメイドの教材

CODEGYM Monthlyの特徴の1つは、格安で受講することができることです。

格安のところが増えていますが、なぜ格安かと言えばそれはレベルが低いからではありません。そうではなく、インターネットでの勉強することができるからです。

例えば、インターネットで受講する場合には、1ヵ月あたりライトプランならば24,970円になります。

1ヵ月あたり30,000円位するのが普通と考えれば、非常に安いことがわかります。

安い理由の1つは、オリジナル教材が存在しないことです。

プログラミングスクールCODEGYM Monthlyではオーダーメイドの教材を使用するので、目標に到達するとその内容に関する学習は終わりになります。

例えば、ホームページを作れるようになりたいのであれば、HTMLとCSSの基本だけを学習します。

もちろん、目標が動的なサイトを作成したいのであれば、HTMLとCSSの応用まで学習することも出来ます。

後ほど金額の高いところは、オリジナル教材などを開発する傾向にあるかもしれません。

オリジナル教材は、作るだけでかなりの時間とコストがかかります。

著作権等もあり、本格的なものを作れば数千10,000円のコストがかかることも珍しくありません。

ですが、そのような教材を作っていないことから、金銭的にもそこまで大きな負担がないわけです。結果的に、月謝を安くすることができるといっても言い過ぎではありません。

コースが安い理由は、ネットで学習できることでしょう。

従来の予備校や学校等は、教室を所有していました。現在でも教室を所有して教えているところが少なくありません。

教室を所有しているところは、もともと土地を所有している場合は建物を建築するだけです。

しかし、そうでない場合は土地を購入するか借りた上でその建物を借りるか建築することになるはずです。

プログラミングスクールCODEGYM Monthlyではオーダーメイドの教材

いずれにしても、それだけで莫大な料金がかかるはずです。

特に学校や予備校の場合には、辺鄙な場所にある事はまず考えにくいでしょう。

多くの場合、有名な駅前や地方都市の駅前などに存在しており、それなりの立地になっているはずです。

プログラミングスクールは、学生が通うこともありますが、社会人が通うため電車通勤をしている人に便利な駅前が好まれます。

その時、その賃料がどれぐらいになるか気になるところですが、一般的には1,000,000円以上支払っているわけです。

ある程度小さな所でも、有名な駅の近くになると1,000,000円前後のお金は毎月支払います。そうするとその分だけ生徒から月謝を多く取らなければいけません。

ですが、通学コースでない場合には、プログラミングスクールであっても建物や土地を必要としないためその分だけ費用を安くすることができます。

結果的に、安く利用することができると言えるわけです。

金額以外の特徴は、学習サポートを受けることです。

学校や予備校によっては、教材を渡し簡単に説明をしそれでおしまいのようなところがあります。

多くの場合教材をもらえば満足するかもしれませんが、実際に勉強し始めるとそれだけでは満足できないのが基本といえます。

わからないところができてきた場合、それをサポートしてくれる人がいなければわからないままで終わってしまいます。

もちろん教材のほうも完璧でないことが多く、それに対するサポートが必要なわけですがそれすらない場合には消化不良のまま試験を受けなければいけません。

そうすると、本人もかなり不安に感じる可能性が高いです。

プログラミングスクールCODEGYM Monthlyはこんなにサポート体制が充実している

そこでこのCODEGYM Monthlyでは、できるだけサポート体制を充実させることに徹します。

そうすることで、わからないままの状態で過ごす生徒を減らすことができるでしょう。

それ以外に考えておきたい事は、学習サポートのコミュニティーがあることです。

ゲストを招いてのイベントなども存在しており、普段とは違った刺激を受けることができます。

勉強会などが定期的に開かれることもあり、もし気になる場合は出席してみても良いかもしれません。

普段なかなか勉強の友達を作ることができない場合でも、このような勉強会に積極的に参加することで新しい友達などができます。

勉強の友達は非常に貴重で、自分がだらけている時も友達が勉強していれば自分もやらざるを得ない環境になるはずです。

そうすると、刺激が強くなり普段以上にやる気になり勉強に力が入るはずです。

当然ながら、月謝の中には教材費用も入っているため後から請求されるような事はありません。

 

ABEMAニュースで、CODEGYM ISAについて取り上げていただけました!
丁寧に取り上げていただき、感謝です🙏
ちゃんと就職・転職できて、収入も確保した後に無理のない支払いがスタートするという仕組み、必要とする人に届くよう、引き続き頑張ってまいります。 https://t.co/gsEhUhbAwi

— rui🐔CODEGYM (@lvx3l7) September 13, 2021

CODEGYM Monthlyは安いプログラミングスクールだが教材なども入っているのか
最新情報をチェックしよう!