安いプログラミングスクールCODEGYM Monthlyではお金を稼げるようになるのか

安いプログラミングスクールCODEGYM Monthlyではお金を稼げるようになるのか

安いプログラミングスクールCODEGYM Monthlyではお金を稼げるようになるのか

プログラミングスクールCODEGYM Monthlyはサブスク形式なので、大金を使わずに気軽に通うことが出来ます。

今回は、安い受講料のスクールでも稼げるようになるかどうかを解説していきます。

CODEGYM Monthlyは安いけどしっかりプログラミングを学習したい方にオススメ

安いプログラミングスクールのCODEGYM Monthlyは、初期費用なしの月額税込24970円からとかなり現実的で無理なく利用できるスクールだといえます。

ちなみに受講料は初期費用ありの他社と比べて、その差は10分の1以下と圧倒的にお得です。

つまり、他社は月額受講料がお得に見えても、実は入会金などの初期費用の負担が大部分を占めているわけです。

その点CODEGYM Monthlyは安で他社に負けませんし、後は内容次第で稼げるようになる、費用対効果に優れるプログラミングスクールとなるでしょう。

料金体系は月額定額料金のいわゆるサブスクリプションなので、やめたいと思えばいつでもやめられます。

入会から4ヶ月に満たないタイミングの解約には違約金が発生しますが、その金額は約1万円と非常に良心的です。

もし合わないと感じても、1万円を支払えばいつでもやめられる、そう思えばもう少し続けてみようという気持ちになるでしょう。

そこまで考えられているのだとしたら、この良心的な違約金には意味がありますし、とても良いアイデアだと思われます。

実際のところはそういう契約の一言で済ませられますが、それにしても始めやすくて続けやすく、好きなタイミングでやめられるのは確かです。

元々の月額が安いので違約金の額は大したペナルティではないですし、むしろ無理に引き止めたりしない分だけ優しいです。

CODEGYM Monthlyは無理なく続けられるプログラミングスクール

気になるのは何が学べるか、将来的に活かせるスキルを習得できるか、そしてお金を稼げるかどうかでしょう。

1つ注意が必要なのは、CODEGYM Monthlyは厳密にはプログラミングスクールではなく、プログラミング学習のコーティングを行うサービスです。

プログラミング学習の意欲がある人に対し、その取り組みのアドバイスをしたり、モチベーションの維持に寄与するサービスとも言いかえられます。

いずれにしても、自分自身にプログラミングに対する興味や意欲がなければ始まりませんし、丸投げで授業を受けたい欲しい人には不向きです。

受動的ではなく能動的に学習する、そういう人に適しているサービスで、独学の経験があって自分でモチベーションを保てる人なら大丈夫です。

安いからといってコーチがつかないということはなく、原則的に最初についたコーチが最後までサポートしてくれます。

カリキュラムは現役エンジニアのコーチがその人に合わせて作ってくれますし、学習の目的や知識量などに合わせて作成してくれるので大丈夫です。

最初に目標を定めない従来の勉強法は、モチベーションが低下する一方で、購入した高い専門所が無駄になってしまうということも割とあります。

しかし、CODEGYM Monthlyなら目標を明確にゴールを設定して、そこから逆算して取り組むべき学習、通過点が設定されます。

これなら目指すところが分かりますし、立ち位置も理解できて迷わずに済みます。

学習がオンラインで完結するのも、無理なく続けられて最後までやり遂げることに繋がるメリットです。

CODEGYM Monthlyの会員様のインタビュー見てるんだけと、学習がきっかけで職種を超えたチャレンジ機会が増えたり、お客様やチームとのコミュニケーションの質が上がったりしたらしくい。チャレンジする人はやはり素敵だなあと思った。そして学びの場として弊社サービスを選んでくれて感謝です#CODEGYM

— rui🐔CODEGYM (@lvx3l7) May 26, 2021

CODEGYM Monthlyではプログラミングでお金を稼げるレベルまで到達可能

そもそも、将来的にお金を稼げるようになるには、一人前になるまでのカリキュラムのクリアが不可欠です。

多くのプログラミングスクールは、料金の時点でかなり続けるのが難しいといえますし、ましてや学習量が詰め込みで、しかも通学主体となれば大変です。

CODEGYM Monthlyは通学不要で時間がある時に、効率的かつ継続的に学習に取り組めます。

コーチは現役エンジニアで、学習に行き詰まった時のチャットサポート、画面共有を前提とした技術相談サポートも用意されているので安心です。

余談ですが、コーチの実務経験年数は平均10年以上で、学習可能なプログラミング言語の種類は50種類以上にものぼります。

挫折して解約した人は現在までにいませんから、少なくとも意欲がある人が途中で続けるのが難しく感じて、やめてしまう恐れはないことが分かります。

まずどのプログラミング言語をどういう目的で学習するか決める必要がありますが、決まってしまえばオーダーメイドでカリキュラムを作ってもらえるので、自分でそれに取り組むだけです。

CODEGYM Academy 1次募集の活動レポートをまとめました!
多くの賛同企業様、自治体後援様、クラウドファンディング支援者様のおかげにより、多くの学生にプログラミング教育を提供することができました。#CODEGYMAcademy#CODEGYM#プログラミングスクール https://t.co/rXrXSSIVRa

— rui🐔CODEGYM (@lvx3l7) December 7, 2021

CODEGYM Monthlyはサブスク形式なので気軽に様々な内容を学習可能

最初からある程度カリキュラムが決まっているプログラミングスクールと比べて、一人一人に合わせて完全個別に学習支援が行われるCODEGYM Monthlyには柔軟性があります。

ゴールを目指すサポートが得意なコーチ陣揃いですから、ひとまず設定したゴールをクリアすることは不可能ではないでしょう。

問題は卒業した後に稼げるかどうかですが、転職サポートの提供は行われていないので、稼げる稼げないは自分次第となります。

卒業生にはIT企業に就職したり、フリーランスで活躍する人、学生で起業したり会社のCEOを務める人までいます。

このように、卒業してから活躍をしている人は沢山いますから、結論をいえばお金を稼げるようになる可能性は十分に高いと結論づけられます。

無料相談で気軽に分からないこと、知りたいことを尋ねられるので、安いプログラミングスクールを探していたりコーチングスタイルの学習に興味を持ったら相談をおすすめします。

安いプログラミングスクールCODEGYM Monthlyではお金を稼げるようになるのか
最新情報をチェックしよう!