外でCodeCampを受講している様子の男性

コードキャンプのRubyマスターコースの評判や体験談をとことん調査

外でCodeCampを受講している様子の男性

今回は、オンライン家庭教師として大企業の研修にも採用されているCode Camp(コードキャンプ)のRubyマスターコースの学習内容、評判や体験談をまとめました。

結論を先に言うと、Rubyマスターコースにおすすめ出来ない方とおすすめ出来る方がいます。
あなたは以下のどちらに当てはまりますでしょうか?

バツマークの札
Rubyマスターコースをおすすめ出来ない方
・ある程度は独学で進めることが出来る方
・高いスキル習得を目指している方
良い評判に喜びマルマークを持つ女性
Rubyマスターコースをおすすめ出来る方
・独学が苦手な方
・まずは基本スキルをしっかり習得したい方
・遅い時間帯にレッスンを受講したい方

上記の結論に至るまでに調査した内容はこれ以降に記載しました。

Code Camp(コードキャンプ)のRubyマスターコースの内容

Code Camp(コードキャンプ)のRubyマスターコースの受講料金

Code Camp(コードキャンプ)のRubyマスターコースの受講料金

Code Camp(コードキャンプ)のRubyマスターコースは以下の表のように、2か月単位で決めることが出来ます。
7~24時の間に自分で選択して授業を予約可能で、短期間に集中しての受講も可能です。

2ヶ月プラン
(レッスン20回)
4ヶ月プラン
(レッスン40回)
6ヶ月プラン
(レッスン60回)
入会費用30,000円←と同じ←と同じ
受講料金148,000円248,000円298,000円

 

Code Camp(コードキャンプ)では以下の3段階で学習を進めますので、自分のペースで受講できるのもメリットになります。

  1. 予習して疑問点を明らかにする
  2. レッスンで疑問を解決する
  3. 復習する
※注意点:
TechAcademy(テックアカデミー)やTech Camp(テックキャンプ)とは違ってチャットサポートはありませんので、レッスンで聞き漏らさないようにしましょう。

Code Camp(コードキャンプ)のRubyマスターコースでの学習内容

 

Code Camp(コードキャンプ)のRubyマスターコースを受講すると最終的に以下のことが出来るようになります。

・出品・購入機能付きフリマサイト
・料理レシピ検索サイト
・画像投稿サイト
・いいね機能、フォロー機能

これらを出来るようになるために習得しなければいけないスキルは、HTML5/CSS3・JavaScript/jQuery・Illustrator・Photoshop・Bootstrapがあります。
専門用語を言われても良く分からないと思いますので、以下に簡単な解説を記載しました。

HTML
HTML5
HTMLとは、WEBページに文字や画像などを表示させるための言語です。
HTMLの後に「5」という数字がありますが、これは5回改訂された後のバージョンを表しています。
WEBサイトを作成するには必須の言語ですので、マスターする必要があります。一見すると何を書いているか分かりませんが、文法を理解すると誰でも簡単にWEBサイトを作成できるようになります。
CSS
CSS3
CSSとは、WEBサイトの見た目を調整するための言語です。
文字や背景の色、画像の大きさや位置などを決めることが出来ます。
JavaScript
JavaScript
JavaScriptはボタンをクリックするとメニューを展開するなどのようなユーザーの動きに応じたwebサイトを作ることができる言語です。
jQuery
jQuery
jQueryはJavaScriptを簡単に記述できるようにしたフォーマットのようなものです。
赤いRubyの画像
Ruby
Rubyはwebアプリケーション開発で多く使われる言語です。プログラミングに関する情報は英語ベースのものが多いのが一般的ですが、Rubyは開発者が日本人のため日本語の参考情報が豊富でネットで調べればほとんど解決できます。
レール
Ruby on Rails
Ruby on RailsはRubyでプログラミングするためのフォーマットのようなものです。これを用いることである程度出来上がった状態から始めることが出来るので、開発効率を格段にアップしてプログラミングすることが出来ます。
Code Camp(コードキャンプ)の中でRubyを習得できるのは、Rubyマスターコースだけです。
Rubyは他の言語に比べると簡単で高機能なW
ebアプリを作成できるため人気が最近上昇しています。TwitterやHuluなどもRubyで作成されており、今後も有名なものはRubyで作成されるのが増えるでしょうから、学習をおすすめ出来る言語です。

また、Code Camp(コードキャンプ)のレッスンの様子は以下のYoutubeで公開されていますので、興味があれば確認してみて下さい。

Code Camp(コードキャンプ)のRubyマスターコースの体験談と評判

Code Camp(コードキャンプ)Rubyマスターコースの体験談まとめ

Code Camp(コードキャンプ)のRubyマスターコースの口コミ

以下の体験談は、ブログで自由に発信されている方の生の意見を掲載しています。
Code Camp(コードキャンプ)Rubyマスターコースは他のコースに比べてデメリットを挙げている方はほとんどいませんでした。

3人の体験談

体験談①:営業(20代男性)

  • 受講期間:4ヶ月
  • 受講者の感想(概要):人材派遣会社で営業をしていますが今後ずっと営業を続けていけるのか不安をずっと抱いていました。そのため、別のキャリアを歩めるように技術を身につけたいと思い、プログラミングスクールを受講することに。色んなスクールを調査した結果、仕事終わりが遅い私は24時まで受講可能なCode Camp(コードキャンプ)がとても合っていました。講師の方の質も高く、いつでもレッスンを受講可能でしたので全く躓かずにカリキュラムを完了できたのがとても良かったです。Code Camp(コードキャンプ)の評判には課題が難しいという口コミも見かけますが、エンジニアとして働くことを考えると適切な難易度ではないかと思いました。私は特に不満はなかったです。

体験談②:ダンサー(30代男性)

  • 受講期間:6ヶ月
  • 受講者の感想(概要):ダンサーとして限界を迎える年齢が迫っていると感じていたので、今後のセカンドキャリアとしてプログラミングに興味を持ち習得しようと考えました。色んなプログラミングスクールを探したのですが、講師を自由に選べるという点に魅了を感じCode Camp(コードキャンプ)を受講することになりました。プログラミングを習得できるのかとても不安でしたが教科書がとても分かりやすく、また難易度も徐々に上がっていくカリキュラムだったので学習しやすかったです。

体験談③:広報(20代女性)

  • 受講期間:4ヶ月
  • 受講者の感想(概要):手に職を身につけたいと思い、前から興味を持っていたプログラミングスクールに通うことにしました。通って良かった点は、講師の説明が分かりやすい、他のプログラミングスクールに比べると料金が安い、自分のペースで勉強できる、テキストが分かりやすいことです。一方、悪かった点は課題が難しい、たまに自分に合わない講師がいる、オンラインスクールなので自己管理できていないと挫折してしまう可能性があることかと思いました。多少の悪い点もありましたが、総合的に判断すると通って良かったと思えます。無料体験レッスンがあるので、そこでいいなと思うのであれば受講することをオススメします。

Code Camp(コードキャンプ)Rubyマスターコースの悪い評判のコメント

Code Camp(コードキャンプ)のRubyマスターコースの悪い評判に悩んでいる男性

他のプログラミングスクールとは違ってCode Camp(コードキャンプ)デザインマスター関連の口コミサイトには悪い評価はありませんでしたので、Twitterで確認したものを以下に掲載しました。

以下の方のように課題に苦戦している方が散見されました。
ただし、初めてのことに関しては難しく感じることが多いので、学習を進めてプログラミングに慣れていけば解けるようになりますので、根気強く頑張ることが大切です。


以下の方のように、質問のためにレッスンを予約するのが少し面倒に感じている方もいらっしゃいました。
しかし、当日でも予約することは可能ですので、学習スタイルが合うかどうかがカギになりそうですね。

 

自己管理能力があまりない方に関しては、Code Camp(コードキャンプ)のように自学習がメインのプログラミングスクールにはオススメできないかもしれません。
しかし、勉強方法が分からないなどの悩みに関しては、講師に相談すればあなたに合った勉強方法を教えてくれるので、無料体験レッスンで相談してみるのもありです。

・課題が難しく、解くのに時間がかかることが多い
・質問するには予約する必要があるので、少し面倒に感じることがある
・中学や高校のように強制的な学習環境が無いと勉強できない方には不向き

Code Camp(コードキャンプ)Rubyマスターコースの良い評判のコメント

Code Camp(コードキャンプ)のRubyマスターコースに満足している様子の男性

以下の方のように、自分の都合のいい時間帯に受講できることをCode Camp(コードキャンプ)のメリットに挙げている方が多数でした。
働きながら受講する方の場合は、7~24時まで受講できるのはとても魅力的ですよね。

 

無料体験レッスンで魅力を感じて受講することになった方もたくさんいらっしゃいました。
強制的な勧誘は全くなく、また無料体験レッスン受講で10,000円OFFになりますので受講して損になることは全くありませんね。

 

Code Camp(コードキャンプ)の講師は採用率が10%というかなり狭い門のため、質の高い講師が揃っているみたいですね。
以下の方のように、講師の質に満足しているという口コミがたくさんありました。

 

Code Camp(コードキャンプ)には色んなコースがありますが、Rubyマスターコースはテキストがとても分かりやすいという口コミがたくさんありました。
一般的なプログラミングの教科書は難解で分かりづらいので、独学で躓いた人にもオススメ出来そうです。

プログラミングの勉強を始めるときは技術が身に付くか不安に感じていた方も、受講後は自分に自信がつくほど満足のいく技術を身につけている方が多数いらっしゃいました。

・自分の都合のいい時間帯でレッスンを受講できる
・無料体験レッスンで強引な勧誘は全く無かったので、受講すべきかじっくり考えられた

・講師は全員現役のエンジニアのため質が高い
・未経験からでも問題なく技術を習得できる
・テキストが分かりやすい

Code Camp(コードキャンプ)のRubyマスターコースの評判まとめ

外でCodeCampを受講している様子の男性

Code Camp(コードキャンプ)は全てオンラインで完結しますので、好きな時間に好きな場所で受講可能です。
2021年1月時点ではコロナの影響もなく、気軽に受講できるオススメのプログラミングスクールかと思います。

そのため、以下の条件にあなたが当てはまれば、まずは無料体験の受講をおすすめします。勧誘は全くなかったので興味があれば受講してみて下さい。

無料体験を受講すると10,000円OFFなので受けないと損ですよ!

・Rubyを身につけて転職できるレベルになりたい方
・現役のエンジニアに教えてもらいたい方
・仕事終わりが遅くなる傾向が高い方

スポンサーリンク
外でCodeCampを受講している様子の男性
最新情報をチェックしよう!
    error: Content is protected !!