CodeCamp(コードキャンプ)でwebデザインを学習している様子

コードキャンプのデザインマスターコースの評判や体験談まとめ

CodeCamp(コードキャンプ)でwebデザインを学習している様子

今回は、オンライン家庭教師として大企業の研修にも採用されているCode Camp(コードキャンプ)のデザインマスターコースの学習内容、評判や体験談をまとめました。

結論を先に言うと、デザインマスターコースにおすすめ出来ない方とおすすめ出来る方がいます。
あなたは以下のどちらに当てはまりますでしょうか?

バツマークの札
デザインマスターコースをおすすめ出来ない方
・ある程度は独学で進めることが出来る方
・高いスキル習得を目指している方
良い評判に喜びマルマークを持つ女性
デザインマスターコースをおすすめ出来る方
・独学が苦手な方
・まずは基本スキルをしっかり習得したい方
・遅い時間帯にレッスンを受講したい方

上記の結論に至るまでに調査した内容はこれ以降に記載しました。

Code Camp(コードキャンプ)のデザインマスターコースの内容

Code Camp(コードキャンプ)のデザインマスターコースの受講料金

CodeCamp(コードキャンプ)のwebデザイン

Code Camp(コードキャンプ)のデザインマスターコースは以下の表のように、2か月単位で決めることが出来ます。
7~24時の間に自分で選択して授業を予約可能で、短期間に集中しての受講も可能です。

2ヶ月プラン
(レッスン20回)
4ヶ月プラン
(レッスン40回)
6ヶ月プラン
(レッスン60回)
入会費用30,000円←と同じ←と同じ
受講料金148,000円248,000円298,000円

 

Code Camp(コードキャンプ)では以下の3段階で学習を進めますので、自分のペースで受講できるのもメリットになります。

  1. 予習して疑問点を明らかにする
  2. レッスンで疑問を解決する
  3. 復習する
※注意点:
TechAcademy(テックアカデミー)やTech Camp(テックキャンプ)とは違ってチャットサポートはありませんので、レッスンで聞き漏らさないようにしましょう。

Code Camp(コードキャンプ)のデザインマスターコースでの学習内容

CodeCamp(コードキャンプ)のwebデザインの学習内容

Code Camp(コードキャンプ)のデザインマスターコースを受講すると最終的に以下のことが出来るようになります。

・観光情報サイト
・カフェのホームページ
・写真加工、バナー、ロゴ制作
・レスポンシブ対応のwebデザイン

これらを出来るようになるために習得しなければいけないスキルは、HTML5/CSS3・JavaScript/jQuery・Illustrator・Photoshop・Bootstrapがあります。
専門用語を言われても良く分からないと思いますので、以下に簡単な解説を記載しました。

HTML
HTML5
HTMLとは、WEBページに文字や画像などを表示させるための言語です。
HTMLの後に「5」という数字がありますが、これは5回改訂された後のバージョンを表しています。
WEBサイトを作成するには必須の言語ですので、マスターする必要があります。一見すると何を書いているか分かりませんが、文法を理解すると誰でも簡単にWEBサイトを作成できるようになります。
CSS
CSS3
CSSとは、WEBサイトの見た目を調整するための言語です。
文字や背景の色、画像の大きさや位置などを決めることが出来ます。
JavaScript
JavaScript
JavaScriptはボタンをクリックするとメニューを展開するなどのようなユーザーの動きに応じたwebサイトを作ることができる言語です。
jQuery
jQuery
jQueryはJavaScriptを簡単に記述できるようにしたフォーマットのようなものです。
Illustrator(イラストレーター)を使用して書いた様子
Illustrator
Illustratorはロゴやアイコン制作などで使用するソフトです。Photoshopとは異なり、写真は扱いません。webサイト制作の現場では、IllustratorとPhotoshopが使えればデザインをする際に困る可能性は低いとも言えるくらい重要なものです。
Photoshop(フォトショップ)を使って加工した様子
Photoshop
Photoshopは写真を加工・合成したりする画像編集ソフトです。使いこなすことが出来れば、Photoshopだけで生活費を稼ぐこともできます。
Bootstrapのホームページのトップ画面
Bootstrap
Bootstrapはwebサイトを簡単に作るためのフォーマットと考えて下さい。これを使えばある程度骨格が出来たものから作成することが出来るので、作業量が大幅に減ります。

Code Camp(コードキャンプ)のデザインマスターコースで習得できるスキルを上述しましたが、言葉だけで説明されても理解しにくいと思います。
そのため、HTML・CSS・JavaScript・jQueryを使って以下のようなものを作成してみました。
Resultタブの「ここをクリック」という箇所をクリックしてみて下さい。
JavaScript(jQuery)を使用して、メニューが動的に表示されるように設定しています。

See the Pen
KKgoXgP
by yoiuyoi (@yoiuyoi)
on CodePen.

また、Code Camp(コードキャンプ)のレッスンの様子は以下のYoutubeで公開されていますので、興味があれば確認してみて下さい。

Code Camp(コードキャンプ)のデザインマスターコースの体験談と評判

Code Camp(コードキャンプ)デザインマスターコースの体験談まとめ

CodeCamp(コードキャンプ)のwebデザインの体験談

以下の体験談は、ブログで自由に発信されている方の生の意見を掲載しています。

5人の体験談

体験談①:IT企業事務職(30代男性)

  • 受講期間:4ヶ月
  • 受講者の感想(概要):無料体験を受講して良さそうと感じたので受講することにしました。講師の質はとても高く、コスパは良いと感じています。教科書の内容だけでなく、現場での働き方やフリーランスとしての案件の獲得方法など生の声を確認できたのは良かったです。Code Camp(コードキャンプ)のデメリットは各セッションの終わりにある課題が難しいことだと思います。教科書の内容と少しレベルが違う感じがしますので、私はあまり解けませんでした。しかし、課題の難しさ以外に関しては全く不満を感じませんでしたので、受講して良かったと思っています。

体験談②:IT企業勤務(30代男性)

  • 受講期間:4ヶ月
  • 受講者の感想(概要):独学でWebデザインを勉強していましたが、自分の知識に自信を持てませんでした。そんな際に色んなプログラミングスクールの無料体験レッスンを受講した結果、実績が豊富で個別指導が手厚いCode Camp(コードキャンプ)に決めました。テキストの難易度は徐々に難しくなっていくので初心者の私でも学習しやすい形式で、各セッションごとに課題もあるので丁度いいボリュームだと思います。一方、デメリットとしては講師の中にはあまり良くない方がいらっしゃったことです。講師は毎回変更可能ですので、自分に合わない講師を選んでしまってもそこまでは気になりませんでした。卒業後は、フリーランスとして仕事を受けることが出来るレベルまで成長できましたのでCode Camp(コードキャンプ)を受講して本当に良かったと感じています。

体験談③:フリーター(20代女性)

  • 受講期間:6ヶ月
  • 受講者の感想(概要):元々体が弱いこともあって、就職はせずにアルバイトで生計を立てていました。何か仕事になるスキルが欲しいと思っているときに、テレビでフリーランスのWebデザイナーの働き方を拝見しました。自由な働き方に憧れを抱き、私もWebデザイナーになりたいと決断したのです。独学で習得は厳しいと思ったので、オンラインで完結し、時間の融通がかなり効くCode Camp(コードキャンプ)に魅力を感じ無料体験レッスンを受講してみました。とても緊張していたのですが優しそうな女性講師の方が担当でしたので、Webデザイナーの働き方や難しさなど授業の内容以外のことも丁寧に教えてくれたので、ここを受講することに。また、強い勧誘が無かったことも受講する理由の一つでもありました。コードを書くのは初めてだったのですが、講師の方が毎回丁寧に修正し、良いところは褒めてくれましたのでモチベーションは高いまま勉強できたのが良かったです。一方、課題が難しかったことがデメリットに挙げられるのかと考えています。難しいと感じた箇所に関しては、自分だけで抱えずに講師に聞くことをおすすめします。

体験談④:グラフィックデザイナー(30代男性)

  • 受講期間:6ヶ月
  • 受講者の感想(概要):AIに仕事が奪われるというニュースを見て、自分の将来に不安を持っていました。紙主体のデザイナーとしてだけでなく、Webデザインに関しての知識も身につけたいと思い受講しようと思いました。Code Camp(コードキャンプ)に決めた理由は融通の利く時間帯がどのスクールよりも広かったためです。1日のうちに何回もレッスンを受講できたり、レッスンを当日にキャンセルしてもポイントを消費しなかったことはとても良い点と感じました。一方、講師の中には分かり難い説明をする方もいたことはデメリットかと感じています。相性が合うかどうかは受講してみないと分からないので、どのスクールにも存在するデメリットかもしれません。学習を継続していると、自分でコーポレートサイトも作成できるレベルにまで成長できましたので、受講して良かったと感じています。

体験談⑤:会社員(20代女性)

  • 受講期間:2ヶ月
  • 受講者の感想(概要):病気で療養中の際に、自宅で出来ることはないかと思いプログラミングを勉強することに決めました。オンラインで完結し受講後にテキストを確認可能という共通点を持ったCodeCamp(コードキャンプ)とTechAcademy(テックアカデミー)の2つで迷いましたが、レッスンを受けれる時間帯が7~24時と幅広かったCodeCampを受講することにしました。テキストを読んで分からない部分をレッスンで聞く形式で進めることが多かったですが、全く分からない単元に関しては講師が一から教えてくれる授業スタイルでレッスンを消費することもありました。この形式で学習を進めていましたので、ノンストレスで勉強できました。CodeCamp(コードキャンプ)のデメリットかもしれないと感じたのは、課題が教科書の内容よりも少し難しかったということです。全く解けなかったわけではなかったので、デメリットに感じない方もいらっしゃるかもしれませんが。卒業後は、クラウドソーシングを利用して、サイトデザインやコーディングなどの仕事を受注して稼げていますので受講して本当に良かったと感じています。

Code Camp(コードキャンプ)デザインマスターコースの悪い評判のコメント

Code Camp(コードキャンプ)デザインマスターの評判に関する不満を持っている様子の女性

他のプログラミングスクールとは違ってCode Camp(コードキャンプ)デザインマスター関連の口コミサイトには悪い評価はありませんでしたので、Twitterで確認したものを以下に掲載しました。

以下の方が記載しているように、現在はコロナの影響もあり、スクールから紹介できる案件数はかなり減っているみたいですので、就職を目指す場合は他の転職エージェントに登録が必要になりそうです。
しかし、フリーランス案件に関してはむしろ増加傾向にありますので、フリーランスや副業目当てに受講するのはオススメかもしれません。

 

以下の方のように課題に苦戦している方が散見されました。
ただし、初めてのことに関しては難しく感じることが多いので、慣れによって解けるようになっていくみたいです。

 

・転職支援はあまり頼りにならない可能性がある
・課題が難しくて、時間がかかる

Code Camp(コードキャンプ)WEBマスターコースの良い評判のコメント

Code Camp(コードキャンプ)のWebデザインマスターコースに満足している様子の女性

以下の方のように、自分の都合のいい時間帯に受講できることをCode Camp(コードキャンプ)のメリットに挙げている方が多数でした。
働きながら受講する方の場合は、7~24時まで受講できるのはとても魅力的ですよね。

評価:3.8
私が受講した経緯は以前から、webデザイナーという職業に興味をもっていたからです。今現在の仕事(個人事業)と併用してはじめたいと思ったのがきっかけです。

調べに調べ、codecampとテックアカデミーに絞られて遅い時間でも受講できるcodecampに決めました。
講師はプログラミングは選び放題で良いと思います。webデザインに関してはそこまで多くなかったです。むしろ少ない。

講師のレベルはそれぞれかなと思いますが、基本的にわからなかったと思う講師はいませんでした。教科書は少し古い部分もあるかなと思いましたが、きちんと講師がそれについて説明してくれるので結果良かったと思います。

良かった点はやはり自分の都合のいい時間でレッスンを受けれること。
悪かった点は教科書だけではわかりにくいところですね。
でも、それはどこも一緒かもしれません。
引用元:スクールレポート

以下の方のように、自分でWebサイト作成できるレベルになったという意見も多かったです。
Webサイト作成ができれば、色んなフリーランス案件を受注できるようになりますので、習得できるように頑張りましょう。

評価:3.8
プログラミング経験は全くありませんでしたが、WEBサイトを作成して仕事をしたいと思っていました。

オンライン学習ではインターネット掲示板を作成することを目標にプログラミングを学んでいきましたが、基礎の勉強も講師の方と一緒に学ぶことができたのでとても吸収が早く良かったです。早期にサイト作りの例をベースに組み立て方やコードを打っていきコツをつかむことができましたし、HTMLをきちんと理解することができたので今後もサイト作りを行う事ができるスキルを学べました。
引用元:スクールレポート

Code Camp(コードキャンプ)の講師の中には、教え方があまり良くない講師もいることを口コミで見かけましたが割合はかなり低そうです。
20回に1回そのような講師にあたることもある確率みたいで、大半の方は以下のように満足していました。

 

・自分の都合のいい時間帯でレッスンを受講できる
・講師は全員現役のエンジニアのため質が高い
・未経験からでも問題なく技術を習得できる

Code Camp(コードキャンプ)のデザインマスターコースの評判まとめ

Code Camp(コードキャンプ)デザインマスターを学習している様子

Code Camp(コードキャンプ)は全てオンラインで完結しますので、好きな時間に好きな場所で受講可能です。
2021年1月時点ではコロナの影響もなく、気軽に受講できるオススメのプログラミングスクールかと思います。

そのため、以下の条件にあなたが当てはまれば、まずは無料体験の受講をおすすめします。勧誘は全くなかったので興味があれば受講してみて下さい。

無料体験を受講すると10,000円OFFなので受けないと損ですよ!

・独学が苦手だけど、WEBサイトを独自で作成できるようになりたい方
・現役のエンジニアに教えてもらいたい方
・仕事終わりが遅くなる傾向が高い方

・WEB関連の基本スキルをしっかり習得したい方

スポンサーリンク
CodeCamp(コードキャンプ)でwebデザインを学習している様子
最新情報をチェックしよう!
    error: Content is protected !!