文系のイメージ

文系大学生こそプログラミングを学習しておかないと将来後悔する意外な理由

文系のイメージ

文系の大学に通っている人のなかには、将来のためにプログラミングの勉強をはじめてみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

でも、プログラミングといえば理系じゃないとできないのでは?と思い込んでいる人も。

文系の大学生でもプログラミングは学べるのか、また文系がプログラミングを学ぶメリットについてもご紹介していきたいと思います。

文系大学生でもプログラミングは学べる?

文系でもプログラミングを習得できるのかを疑問に感じている様子

文系大学生でもプログラミングが学べるか、不安に思う人の多くが「数学的な知識が必要」だと勘違いしているのではないでしょうか。

プログラミングを学ぶ上で文系も理系も関係ありません。プログラミングを学ぶうえで最低限の四則演算は必要になりますが、ほぼ数字を使うことはありません。そのため「文系だから…」と諦めてプログラミングを学ばないのは、自分の可能性を無駄にしていることになります。

そもそも文系は、理系よりも言葉にして表現する“言語能力”に長けている一面もあります。プログラミングは、自分だけその知識を理解できていれば良いわけではありません。例えば仕事としてプログラミングの技術を活かすのであれば、クライアントに説明しなくてはいけない場面も出てきます。

個人差はあるものの、理系の人は上手く説明できないこともあり、文系大学生のように言語能力に優れているほうが、SEとしての知識を活かせる部分も出てきます。

文系大学生だからとプログラミングの勉強をしないでいるよりも、将来のために「まずは挑戦してみよう」と前向きに捉える気持ちも大切です。実際に文系大学生からプログラミングを学び、活躍している人もたくさんいます。

文系の大学生こそプログラミングを学ぶべき理由とは

プログラミングは今後需要も高く、大学生にも注目されているスキルの一つです。

文系の大学生にとっても、プログラミングを学んで欲しい理由があります。

社会的なスキル不足と思われやすい

スキル

文系大学生は就職で苦労しがち…こんな話を聞いたことがありませんか。一般的に文系大学生はスキルや専門性が不足していると思われがちです。実際に文系大学を縮小する動きも出てきており、社会に出てから必要なスキルを学べないとも言われています。

確かに理系に比べて専門的なスキルを身につける学部ではありません。そのため、就職活動や社会に出てから自分のスキル不足に悩むこともあります。文系大学生の学部にこだわらず、将来のあめになにかスキルを身に付けておけば、自分の自信にも繋がります。

文系でプログラミングを学んでいれば、相手にわかりやすく説明できますし、需要も高まります。同じ文系の友達よりも早く就職先を決めて、大学生活を上手に満喫しちゃいましょう。社会的なスキル不足だと言われやすい文系大学生にとって、プログラミングは大きな強みになります。

仕事がなくなる心配がない

仕事が無くなって悩んでいる様子の女性

誰だって就職するなら安定した仕事に就きたいと考えるものです。実際に日本ではエンジニア不足が問題になっており、これから先もそれは変わらないと言われています。AI時代に突入し、いつ自分の仕事がなくなるかわからない時代に、プログラミングは仕事がないなんて心配がなくなります。

需要もどんどん高まっていますし、私達の生活にとってもインターネット環境が欠かせないものになっています。需要が高まればその分、プログラミングの知識を持った技術職の人が必要になります。

プログラミングが義務教育として当たり前になる時代です。基礎教養として、プログラミングのスキルを持っているのが当たり前になっていきます。エンジニアとして仕事をする・しないに関わらず、プログラミングの知識を身に付けておいて損はないのです。

自分の世界を広げるきっかけになる

自分の世界を広げている様子

プログラミングを学ぶと今まで当たり前のように使っていたものの、仕組みが見えてきます。ただ使用する側だった人でも、自分が作り上げていく側になるからこその楽しみ方もあります。

例えば通販で商品を購入するときのECサイト一つにしても、どんな仕組みで構築されていて、オンライン決済などの仕組みがどうなっているのか、サイトが読み解けるようになります。使い方の幅も広がりますし、どんなポイントに気をつけたらいいのかもはっきりと見えてきます。

今までなんてことなかったインターネットの世界をより楽しめるようになり、自分の世界を広げるきっかけにもなるのです。仕組みがわかるからこそ、新しく生み出そうと見えてくるところもあると思います。大学生は比較的自分の時間が取りやすい時期ですし、将来のためにも自分の世界を広げておくことはとても大切です。

起業やフリーランスの道も拓ける

起業している様子

文系大学生のうちから、プログラミングのスキルを身に付けて仕事を受注することも夢ではありません。なかにはアルバイトとしてプログラミングをいかしている人もいますし、安定して仕事が受注できるようになれば、起業やフリーランスなどの自由な働き方も見えてきます。

大学生のうちからアルバイトではなく自分の力でお金を稼ぐのは、とてもいい経験になります。最初は微々たるお金かもしれませんが、できることを増やしていったり、仕事の単価を見直すことで安定的な収入にもつながってきます。

起業やフリーランスとしてキャリアを積んでいくことも、十分な選択肢になります。場所にとらわれずに仕事をするうえで、自由な場所で働ける、フリーランスも考えてみてもいいのではないでしょうか。

文系大学生がプログラミングを学ぶならスクールに通うべき!

文系大学生が、いざプログラミングを学ぼうと考えたときにまず、思いつくのが独学かもしれません。参考書などを購入して自分で勉強するのは、空き時間を上手にいかす方法としては最適です。ただ、文系大学生がこれからプログラミングを学ぶのであれば、断然スクールに通うのをおすすめします。

まず、理由として就職先を考えたときに文系だけで線引されてしまうこともあるからです。企業によっては「情報系学部」を卒業予定でないと応募できないところもあります。また、独学でプログラミングを学んだだけだと、就活のアピール材料としては少し物足りなくなることも。

自分で作った実績がないため、就活においてどうアピールしていいのかがわからなくなってしまうのです。自分でWEBサイトを作ってみたりアプリなど、なにか成果物を用意しておくためにも、プログラミングスクールに通うのは必須です。

また、プログラミングはある程度知識を持っている人が学ぶのと、まったくの初心者が学ぶのでは難易度も変わってきます。今まで文系で経験のなかった人がいきなりプログラミングを学んでも、専門用語を覚えていくところからはじめなくてはいけないのでとにかく時間もかかります。プログラミングスクールは効率的に学べること、プログラミング学習を途中で挫折してしまう心配もありません。

せっかく学んでもいかせなくては意味がないのです。

TechAcademy(テックアカデミー)ではプログラミングを無料体験することが出来ますので、少しでも興味があれば受講してみて下さい。

あの時受講しておけばよかったと社会人になって後悔しないように、時間がある大学時代に受講した方が良いですよ!

まとめ

オンラインでプログラミングを学習している様子

文系大学生がプログラミングを学ぶのであれば、スクールに通って確かな知識や技術はもちろん、成果物を用意しておくことも必要です。就活で自分の実績をアピールする機会にもなります。将来、プログラミングとは関係のない仕事に就いても、さまざまなところでいかせる知識になりますし、覚えておいて損はありません。プログラミングスクールで実績を作り、自分の自信に繋げていきましょう。

スポンサーリンク
文系のイメージ
最新情報をチェックしよう!
    error: Content is protected !!