AIジョブカレの機械学習講座は短期集中型のカリキュラム

AIジョブカレの機械学習講座はどのようなカリキュラムなのか?

AIジョブカレの機械学習講座は短期集中型のカリキュラム

AIジョブカレの機械学習講座のカリキュラムはどのようなものか気になったので、調査した内容を記事にしてみました。

AIジョブカレの機械学習講座の概要

AIジョブカレとは

AIジョブカレは最近話題の通信講座であり、その名の通りAIに特化した様々なプログラミングを学習することができる講座となっています。

機械学習講座はその中でも、大学の工学部で学習するような機械概論の内容を織り交ぜながら、その内容に特化したプログラミングについて学ぶことができるので、非常にプログラマーにとって実践的な内容を学ぶことができると注目されているスクールです。

AIジョブカレでは、毎日その日ごとにカリキュラムが決められ、理解しやすい順番で講座が進んでいくのが特徴です。

全体で八日間ですべての講座を終了する形になっており、最終日の8日目にはテストが行われ、優秀者はオンライン上で表彰されると言う楽しみも持っているのが特徴です。

機械概論は機械プログラミングを行う上で非常に初歩的なものであり、様々な機械の構造や力学に基づいたポイントなどを学ぶことができます。

このポイントを押さえておくことでその後の様々なプログラミングの要点となるパラメータの向上や、使用すべき公式等の意味が理解できるようになるため、初日の機械概論は非常に重要なカリキュラムとなっているといえます。

この内容は大学などで機械概論を既に学んでいる人にとっては既に知っている内容が多いものでもありますが、プログラミングを前提にその内容を解説していることから、新たな気持ちで学習をすることが重要なポイントとなっています。

大学で学ぶ機械工学はあくまでも知識の範囲を超えないものとなることが多いのですが、AIジョブカレの機械学習講座ではこれらをプログラミングを実際に行う前提で解説していることから、そのアプローチが全く異なります。

そのため、初日の機械概論の内容は、意識して覚えておくべき内容と理解することが大切です。

 

■JDLAのE資格受験要件クリア

AIジョブカレ数学講座の修了試験に合格。これにより、E資格の受験要件を満たした。受験日の2021年2月19日(金)まで、確りと準備をして臨む。

1.ディープラーニング講座受講修了、最終試験合格【完了】
2.機械学習修了試験合格【完了】
3.数学修了試験合格【完了】

— しげ@IT業界 (@takanarukodou1) September 6, 2020

AIジョブカレの機械学習講座は短期集中型のカリキュラム

AIジョブカレの機械学習講座は短期集中型のカリキュラム

2日目からは実際のプログラミングの実例と実際の演習を交えながら、より実践的な学習を重ねていきます。

もう少し学習することがあるのではないかと思う人も多いのですが、基本的にはプログラミングを行う中で様々なパラメーターを学習し、これを実践的に利用することがプログラマーの能力を養う近道であるため、そのカリキュラムに沿って学習をすることが非常に効果的なものとなっています。

このカリキュラムについていくためには、やはり初日の機械概論の学習が最も重要なポイントとなるため、初日の内容をしっかりと復習しておくことが重要です。

AIジョブカレは短時間で非常に実践的な能力を養うことができる講座であり、そのため八日間と非常に期間が短い割にAIプログラミングを行うための基本的な考え方やポイントを確実に習得することができる、非常に効率の良い講座となっています。

料金は4ヶ月で132,000円となっており、八日間のカリキュラムからすると高額と感じることも多いのですが、実際にこのようなプログラミングスクールの場合には日数は多いのですが3ヶ月で300,000円以上することが一般的であるため、これらに比べると非常に割安となっているイメージがあります。

他のプログラミングスクールの場合には、毎日学校に通わなければならなかったり、そのために履修日数は多くなっていますが内容は同じことの繰り返しであったり、1つのことを長い時間かけて教えると言うことも少なくありません。

その意味では、AIジョブカレの機械学習講座は非常に効率が良く、安いプログラミング講座と言うことができます。

さらに、AIジョブカレの機械学習講座は給付金対象の講座となっており、同じ講座のディープラーニング講座を同時に学習することで、最大で受講料の70%の給付金を受け取ることができます。

機械学習講座とdeepラーニング講座を受講した場合、本来は285,780円の受講料がかかるのですが、この中で教育訓練経費対象と言う、給付金の対象となる金額の70%が給付されるため、最終的にはこの2つの口座を115,061円で受講できることになります。

機械学習講座だけの場合は132,000円となっているので、ディープラーニング講座を一緒に受講した方が、安い金額で受講できることになるのです。

ディープラーニング講座はAIプログラミングの基本的な考え方を学ぶことができるものであるため、受講しておくと非常に有効なものであることから、この2つを同時に申し込み給付金をもらう方が非常に有利なものとなっています。

この講座を受講すると、短期間で実践的なプログラミング能力を身に付けることができ、AIエンジニアとして就職した場合にも様々な案件に対応することが可能です。

最近では様々な機械設計はAIプログラミングを効果的に利用して行うことが多くなっており、この能力を持っているプログラマーは非常に優遇される傾向があるため、企業に就職した場合には即戦力とみなされることが多く、非常に有効な働き方ができるものとなります。

さらに将来的にはそのスキルを評価され、フリーランスで稼ぐと言う道もあり、成功すればより多くの収入を得る可能性も少なくありません。

 

今後の方針としては、プログラミング学習は引き継ぎ続けますが、メインは、AIジョブカレの数学学習と機械学習に変えたいと思います!!

— ソウジ (@nUVOGO8eSsij8bK) August 15, 2020

AIジョブカレの機械学習講座のまとめ

まとめ

AIジョブカレの機械学習講座は、とても有用なものであることが分かりました。

現在は給付金の対象になっていますので、お得に学習したい方は今がチャンスですよ!

AIジョブカレの機械学習講座は短期集中型のカリキュラム
最新情報をチェックしよう!