AIジョブカレの給付金

AIジョブカレは給付金を利用すると受講料金の3割で受講可能!?

AIジョブカレの給付金

AIジョブカレは人気のAI専門のプログラミングスクールですが、受講料金はそれなりにかかります。

そのため、給付金制度を利用して安く受講することが出来ないのか調査してみました。

AIジョブカレで給付金は利用可能なのか?

AIジョブカレは非常に実践的なAIプログラミングの手法を学ぶことができるスクールとなっており、実際にプログラミングの仕事をする上で非常に有益な能力を身に付けることができると話題となっていますが、企業の中でその受講費用を捻出してくれると言うところはまだまだ少ないものです。

[挑戦②2]
E資格受験のためにはJDLA認定講座の合格が必要ですが、受講料がなかなかかかります。
一番お得なAIジョブカレでの合格を目指します。
割引もありますが、まずは数学講座のみを受講。
ベクトル、行列、微分…
既に天に召されそう。大学二次数学の行列は0点でした天敵です。#AIジョブカレ

— せい🧬博士のキャリアアップ (@PhD_sei) October 8, 2019

結果的には自分自身のスキルとなることや、そのスキルを持って転職された場合には企業は大きな損失を被ることになるため、実際にはなかなかその受講料を出してくれないと言う企業も少なくありません。

自分自身のスキルになるものであるため、自らのお金で受講すると言うのは基本的な考え方と言われることも多いのですが、実際には10万円以上もの高額な金額となるため、様々な面で役立つと確信できるものでなければこれを支払うのは厳しいと感じることも多いものです。

AIジョブカレは、AIプログラミングの様々な手法を業務の本質に合わせて選び履修することができる仕組みとなっています。

例えば機械プログラミングの場合にはこれに関する講座を受講すれば良く、その中で必要なプログラミング能力を高度なレベルで学習することができることから、非常に高い能力を持って仕事に向かうことができる場合が少なくありません。

その結果、より高度な仕事にチャレンジすることができる機会を得る可能性が高く、またこれに成功することで高い報酬を得ることができる可能性も高まります。

そのため1時的な自己負担であっても十分にこれを回収することができるスキルを身に付けることができることから、ぜひ受講すべき講座が非常に多くなっているのも特徴ですが、さらに高いメリットを得ることができることも知られています。これが、口座の選び方によっては給付金がもらえると言うメリットがあることです。

AIジョブカレには給付金の対象外の講座もある!

AIジョブカレの中でも、機械学習講座とディープラーニング講座はAIプログラミングを行う上で非常に重要な内容を含んでいると認められており、給付金の対象になっています。

プログラミングスクールの中にはより専門的で実践的な内容を教育していると認められた場合、専門実践教育訓練給付金の対象となるため、その受講料の70%が受講者に支払われる仕組みとなっているのです。

そのため、この制度が適用された講座を受講することで、給付金を得て効率よく技術を習得することができると言うメリットがあります。

AIジョブカレの場合には、機械学習講座とディープラーニング講座をセットで受講した場合にその受講料が給付金の対象となるため、実質的にはその70%の170,719円が給付される仕組みとなっています。

約17万円ものお金を受け取ることができるため、様々な経費を含めた正式な受講料が285,780円であるのに対し実質には115,061円で受講することができるようになるのです。

この金額は非常に大きなものとなっており、さらに高いスキルを身に付けることができる上、その後転職したりフリーになることでさらに高い年収を得ることができる可能性が広がるものとなっています。

AIジョブカレの給付金の割合は人によって変わる!?

ただし約17万円の給付金はあくまでも最高額であるため、様々な本人の状況によってその金額が減額されたり、もしくは全くもらうことができないと言う場合もあることに注意をしなければなりません。

AIジョブカレでは事前に無料説明会を行っており、カリキュラムの内容や受講料の内訳のほか、この給付の対象となる条件も詳細な解説を行っているため、この内容を十分に確認した上で判断することが大切となります。

特に注意しなければならないのは、その条件の中に現在の企業で働いている条件があることです。

初めて利用する場合には同じ会社での勤務実績が1年以上ある事で、また既に利用したことがある場合には、現在の会社で3年以上の勤務実績を持っていることが条件となるため、これに合致するかどうかを事前に確認しておかなければなりません。

その他にも事業の状況やその規模などによっても条件が付加される場合もあり、これらは事前の無料説明会で詳細に説明があるため、その内容で自分が該当するかを判断することが必要となります。

AIジョブカレは給付金が無くても受ける価値がある講座ばかり

AIジョブカレは非常に有意義な講習を数多く行っており、これによって様々なスキルを身に付けることができるほか、AIプログラミングを迅速に正確に行うための基礎能力を養うことができます。

そのためエンジニアが自費で受講しても将来様々な業務を行うためのスキルを身に付けることができると考えれば、決して高額なものではありません。

しかしその一方でこのような能力を高めるための支援を行ってくれる制度がある以上は、これを有効的に利用することも重要なポイントとなります。

効率よく高いスキルを身に付ける事は、本人にとってのメリットだけではなく、企業側にも大きなメリットがあるものです。

様々な状況を鑑み、効果的に高いスキルを身に付ける事は企業にとっても非常に有効な方法であると考え、これらの制度を積極的に利用することが大切です。

 

AI人材に対するニーズが高まっているけれど、圧倒的な人材不足!
AIジョブカレでは各種講座の提供を通じて実務でAIを活用・実装できる人材の育成に取り組んでます。
実務でAIを活用・実装できる人材がAIジョブカレのこだわりです。
AIジョブカレでAI業界への就職・転職を目指してみませんか?

— AIジョブカレ/データサイエンティスト・AIエンジニア養成スクール (@aijobcolle) August 30, 2021

AIジョブカレの給付金
最新情報をチェックしよう!