プログラミング学習のパソコンの前で頭を抱える様子

プログラミング学習で座りすぎに注意!最悪40%死亡率が上がる!?

プログラミング学習のパソコンの前で頭を抱える様子

プログラミング学習で座りすぎていませんか?

何時間も座り続けると血流が悪くなり、がん、冠動脈性心疾患、脳卒中、糖尿病などの病気を引き起こすか確率が高くなったという研究結果がありました。

今回は、プログラミング学習や仕事などで座り続けることの危険性と解決方法も合わせて紹介します!

座りっぱなし

座りっぱなしは第二の喫煙!?

座ってPC操作する女性

座りっぱなしは第二の喫煙と言われくらい健康に悪いという研究を2つ紹介します。

2012年にシドニー大学のHidde P. van der Ploegらの研究によって、45歳以上の人222,497人を対象に実験が実施されました。

2006年2月1日から2008年11月30日の間の座位時間を集計し、座位時間を0~4時間未満、4~8時間未満、8~11時間未満、11時間/日以上の4つのカテゴリーに分けられています。

実験の結果、座位時間の長さは若年層や教育レベルが高く、自己評価の低い健康状態、日常的な作業の手伝いが必要な人、身体活動レベルが低い人、BMIが高い人に多い傾向がありました。

さらに、座位区域が1つ上がると死亡率が11%上昇することが示唆されました。

つまり、座位時間が0~4時間未満の人と11時間以上の人出は40%も死亡率が異なるということになります。

 

また、特定の死因リスクと座位時間の関連を確認した研究もあります。

2018年にオックスフォード大学のAlpa V Pateらによって、1992年時点で50~74歳の2,293,860人を対象にした大規模研究が実施されました

この研究から、1日6時間以上座って過ごすグループは、1日3時間未満比較して、全死因死亡率が19%高くなっていました。

また、調査された22の特定死因のうち以下の14の死因で有意に高いことが確認されました!

がん、冠動脈性心疾患、脳卒中、糖尿病、腎臓病、自殺、COPD、固形物や液体による肺炎、肝臓病、消化性潰瘍やその他の消化器疾患、パーキンソン病、アルツハイマー病、神経障害、筋骨格系疾患

長時間の座りっぱなしによる人体への悪影響が生じる理由は、主に代謝および血管の健康の低下に起因すると考えられています。

解決方法

解決という紙が書かれた札がつけられた鍵

ではどんな手段で解決すればいいのでしょうか?

それは、なるべく立つようにするということです。

座るよりも立つようにすると作業生産性が本当に向上するのかを、2014年にビクトリア大学のAlicia A Thorpらの研究で確認されました。

40~55歳の太りすぎ・肥満の23人を座ったままの群と電動の高さ調節可能なワークステーションを使用して、30分ごとに立ったままの姿勢と座ったままの姿勢を切り替える群に分けて5日間の実験を実施しました。

その結果、一定間隔で立つようにすると被験者の作業生産性が向上するという傾向を確認できました。

 

また、体内でどんな変化を科学的に確認したのが、2012年にビクトリア大学のDavid W. Dunstanらに実施された研究です。

45〜65歳の太りすぎ/肥満の19人を対象に実施されました。

19人のグループは①座位を中断せずに座る、②20分ごとに2分の軽い運動を実施、③20分ごとに2分の中程度の運動を実施という3つに分けられました。

その結果、②、③の軽度または中等度の強度の歩行の短時間の中断は、過体重/肥満の成人の食後グルコースとインスリンレベルを低下させることが確認されています。

これは座ってデスクワーク中に意図的に立つことでグルコース代謝を改善し、潜在的に心血管リスクを減らす可能性があるということが分かりました。

スタンディンデスクの有用性はある?

スタンディングデスクの効果は不明

はてなマークの画像

座り続けるのが健康に良くないため、立ったまま仕事が出来るスタンディングデスクの有用性に最近注目されています。

しかし、2020年12月時点ではスタンディングデスクの有用性はまだ確認できていません。

2018年にビクトリア大学のNipun Shresthaらに実施された調査では、スタンディングデスクを使用することで普段よりも座る時間が2時間程度減っても効果は確認されなかったという結論でした。

個人的な見解ですが、この研究で調査された論文ではスタンディングデスクを使用することで削減できた時間は最大で100分程度のため、さらに長い時間スタンディングデスクを使用した際の効果を検証すればいい効果が確認できるのではないかと考えています。

パソコンが発達し座る仕事が増えたのは数十年程度ですが、進化論的に考えれば人間は何万年も狩猟生活を送っていたので脳は立つことに適応しているはずです。

そのため、座っているだけよりも立っているだけの方が人間の脳に適応していて当然とも個人的に考えています。

半年スタンディングデスクを使った感想

感想の吹き出しのイラスト

私自身も作業時は主にスタンディングデスク(電動昇降デスク)を使っており、疲れたら座るという生活を送っています。

スタンディングデスクにしようかと考えたのですが、座って仕事もしたかったので費用はかかりますが思い切って電動昇降机を購入しました。

約半年間使って、もう普通の机に戻れないと感じるほど満足しています。

私が感じた効果は主に以下の3つです。

  1. 肩こりが無くなった
  2. ストレスが減った
  3. 眠気を感じにくくなった

特に③は大事だと感じています。

最近は月の9割近く在宅勤務ですので、昼食後に眠気が襲ってきます。

そのため、昼食後は立って仕事をするようにしたところ全く眠くならずに仕事をすることが出来ています。

疲れないので永遠と仕事が出来るのではないかと感じるくらい快適で、もう手放せない必需品になっています。

休息した方が脳を効率良く使える

背伸びをして休憩している男性

今回座りすぎが良くないという研究を紹介させていただきましたが、プログラミングを早く学習して1分でも早く身につけたい焦っている方もいるかと思います。

そんな方にデフォルトモードネットワークの研究を紹介します。

デフォルトモードネットワークとは、脳が意識的な活動をしていない際に使われる脳内の神経回路のことです。

例えば、脳の意識的な活動とは参考書を熱心に読んでいる時で、何も考えずに空を見上げているときはデフォルトモードネットワークが使われています。

近年、デフォルトモードネットワークが学習にどんな役に立つのかを確認した研究があります。

2015年にワシントン大学のMarcus E. Raichleに実施された研究では、安静状態の方が脳が使われているということが確認されました。

学習をいったん中断して休息をとった方が頭の中に残りやすくなるということが判明したのです。

つまり、プログラミング学習で脳に色んな知識をインプットした後に、何もせずにボーっとすることで記憶の整理や定着が脳内で起こるためプログラミングが身に付きやすいということです。

これはプログラミング学習だけでなく、色んな勉強にも使えますので是非試してみて下さい。

まとめ

プログラミング学習は難しく気が付くと座っている時間が長くなってしまいます。

しかし、座りすぎは健康に悪いということが色んな研究から分かっています。

意図的に休憩を取り入れることでニューラルネットワークを刺激して、プログラミング学習を頑張ってみて下さい。

◆座りっぱなしで40%も死亡率が上昇する場合もある
◆20~30分に一回は立つことで効果が見込まれる
◆スタンディングデスクの有用性に関する論文は確認できなかったが、個人的な意見では肩こり、ストレス、眠気を解消する効果を実感した
◆座り続けて学習するよりも、休憩を入れた方が学習は効率がいい
プログラミング学習のパソコンの前で頭を抱える様子
最新情報をチェックしよう!