効率的にプログラミングを学習できて満足している女性

20代からプログラミングを始めたら遅い?効率的に学ぶには?

効率的にプログラミングを学習できて満足している女性

20代からプログラミングを始めようとしている人はたくさんいるでしょう。

ただ、中には、

「20代から始めるのは遅いのかな」

「今から始めてもスキルを活かしていくことはできないのかな」

という不安と戦っている人もいるでしょう。

そこでこの記事では、20代からプログラミングを始めるのは遅いのか、効率的に学んでいくためにはどうすればいいのかということについて、詳しく解説していきます。

プログラミングは中学校の必修授業になった!つまり?

近年、プログラミングは中学校の必修授業となりました。

この背景には、

・プログラミング需要の高まり

・プログラマーの人手不足

が挙げられています。

プログラマーの人手不足が加速している

プログラマーの人材不足を表す図

テクノロジーが進化した現代では、どのような業界にもプログラミングが取り入れられています。

ただ、プログラミングの知識とスキルを持ち合わせた人材が不足しているため、中学校からの必修授業にしないと、今後の社会が回っていかなくなってしまうのです。

総務省が平成29年に発表した以下のデータによると、IT事業全般的に不足しているのですが、特に不足する割合が高いのがプログラマーです。

近年IoTの顕著化によって、医療・保健産業や一般事務にもITが応用されているため、IT人材の不足を既に体感している方もいるのではないでしょうか。

プログラマの人材不足を示すグラフ引用元:総務省「IoT時代におけるICT経済の諸課題に関する調査研究」(平成29年)

今後もプログラミングの需要は高まる

デジタルトランスフォーメーション

また、今後は今よりもさらに高度なプログラミング技術が必要になることが予測されています。

そのため、中学校の授業で必修になっただけではなく、プログラミングスクールなどの需要も高くなっており、受講費用が年々上昇しています。

経済産業省のIT人材白書から引用した以下の図によると、2030年には45万人程度不足することが予測されており、企業はIT人材の確保や育成に熱心になっている段階です。

経済産業省が算出したIT人材不足のグラフ図

引用元:経済産業省「IT人材白書」(平成30年)

プログラミングは20代から始めたら遅いのか?

プログラミング学習に後れを取っていないかを気にしている20代男性

このようなことからも分かる通り、20代からプログラミングの勉強を始めるのは、全く遅くありません。

むしろ早い方です。

ただ、後数年もすれば、中学生、高校生がある程度プログラミングの知識を持つようになりますので、20代から始めるのでは遅すぎると言われる時代が来るかもしれません。

そのため、今から始めないと今後困る可能性が高いスキルになると予想されます。

以下に掲載した図は、経済産業省が発表した職種別の平均年齢の比較図です。

確かに、以下の赤枠部のシステムコンサルタント、ソフトウェア作成者などの平均年齢は38歳前後で他の業種よりも若い傾向があります。

しかし、20代の方が38歳になるまでには少なくとも10年以上はありますので、20代から後半からでもプログラミングを学習しても決して遅いとは言えません。

職業分類別の平均年齢の比較引用元:経済産業省「IT人材を巡る現状について」(平成27年)

20代からプログラミングを効率的に学ぶ方法

とはいえ、20代からプログラミング学習を始めるとしても、ちんたら学習していると中学生や高校生に抜かされてしまいます。

では、一体どうすれば20代からプログラミングを効率的に学んでいくことができるのでしょうか。

プログラミング会社に飛び込む

プログラミング会社で働いている様子

まずはプログラミング会社に飛び込むということです。

先ほども解説したように、現代ではプログラマーの人手不足が深刻化してきているため、未経験からでもプログラマー枠で採用してくれる会社はたくさんあります。

そのような会社に飛び込み、1から現役エンジニアの仕事ぶりを見て、技術や知識を盗むことがおすすめなのです。

そうすることで、給料を貰いながらプログラミングの技術をマスターできるため、かなり効率が良くなります。

プログラミングスクールに通う

オンラインでプログラミングスクールに通っている様子

続いては、プログラミングスクールに通うという方法です。

プログラミングスクールに通うことで、知識と経験を兼ね備えた指導者から、丁寧に指導をしてもらうことができます。

また、最近ではオンラインに特化したスクールなどもあるため、大学に通いながら、あるいは仕事をしながら学習を進めていくことができるのです。

プログラミングスクールに通う場合は、20万円以上の費用がかかることが予想されます。

中には、高いと感じる人がいるかもしれませんが、今後の需要とプログラミングスクールで得られる知識とスキルの価値から考えると、安いと考えることもできるのです。

プログラミングスクールに通うとどんなメリットが?

では、そんなプログラミングスクールに通うことのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

効率的に学べる

効率的にプログラミングを学習できて満足している女性

まずは効率的に学べるということです。

中には、授業料を出したくないという理由で、独学で勉強を始めてしまう人もいるのですが、独学の場合は、

・教材を自分で用意する必要がある

・わからないことを自分で調べて解決する必要がある

というように、かなり効率が悪くなります。

その結果、挫折してしまう人もたくさん出てくるのです。

しかし、プログラミングスクールに通うことで、このような面倒くさい準備もスクールに任せることができますし、わからないことがあったとしても、すぐに行使に質問をする事ができます。

就職をあっせんしてくれるスクールもある

プログラミングを習得して就活している様子

プログラミングスクールの中には、就職をあっせんしてくれるスクールもあります。

このようなスクールに通うことで、カリキュラム修了後の転職をスムーズに進められる可能性が高くなるのです。

また、一から自分で転職先を探すよりも、プログラミングスクールからの推薦があった方が、内定率が高くなる可能性がありますので、他の人よりも有利に転職活動ができることもあります。

まとめ

たくさんの知識を蓄積している様子

20代からプログラミング学習を始めるのは遅いのかという不安を抱えている人はたくさんいますが、決して遅くはありません。

むしろ、今の時代は20代でプログラミングスキルを持っている人が比較的少ないため、今がチャンスと考えることもできるのです。

ただし、プログラミングスキルを効率的に身に着けるためには、独学よりもプログラミングスクールに通うことがおすすめです。

プログラミングスクールに通うとなると、どうしても20万円以上の金額がかかってきてしまいますが、その後のキャリアやスキルの価値などを考えると、安いということもできるのです。

そのため、これからプログラミング学習を始めたいと思っている人は、まずプログラミングスクールの無料体験などに参加してみてください。

テックアカデミーの無料体験は以下↓

 

CodeCampの無料体験は以下↓

スポンサーリンク
効率的にプログラミングを学習できて満足している女性
最新情報をチェックしよう!
    error: Content is protected !!